2017年03月31日

【エロネタ注意!】では、例えば、わらしべ先生の作品は、なぜシコリティが高いのか?

 こんにちは。フジカワです。髪の毛が伸びてきて、ザワザワして気になります。あと2週間の辛抱です。

 昨日の暖かさとは、うって変わってひんやりとしている近畿地方。皆様いかがお過ごしでしょうか。

 さて。「掘り下げて書く」試行錯誤。今回は、久しぶりにエロマンガの話題で。

 「わらしべ」先生という作家さんがいらっしゃいます。作品一覧はこちら。最近の、僕のイチオシ作家さんです。

 とにかくエロい! エロいと言っても、どうエロいのか?

 それは、3点あります。

 まず、漢の憧れ「くぱぁ」に、かなりのこだわりが見えること。現実ではそうそうあり得ませんが、極上のファンタジーである、エロマンガならでは。

 次に、「穴」の描写に徹底していること。ちんこを透明にして、挿入時の「穴の中」を、子宮口まで、とことん描く。時折、断面図を挟むのもグッド。これも、現実、および、三次元のエロビデオでは不可能な描写です。そこに萌える!

 最後に、アナル成分多めなこと。アナルは性器ではないので、消しが要りません。「アナルくぱぁ」も、存分にあります。アナルスキーにはたまりません。

 おまけとして、ラブイチャ成分多めなのも捨てがたい。とにかく、近親相姦であろうともイチャイチャしてるので、口から砂糖を吐きつつも、愚息は昇天ですよ。

 「読んだ事無い」と言う方には、全力ザトペック投法でお勧めしたい。ツボにはまれば、僕みたいに、全単行本をコンプリートしたくなります。

 新刊まだかなー? と、定期的にAmazonをチェックする日々が続きます。カスタマーレビューが総じて高めなのも、皆さん分かってらっしゃる! という感じで、ファンとして嬉しくなります。

 いやー、エロマンガって、本当にいい物ですね!(マイク水野風に)

 それでは、今日はこの辺で。また明日。


にほんブログ村 オヤジ日記ブログ アラフォーオヤジへ

押して下さい。
僕が喜びます。ご協力下さい!
posted by 不二川“でぇすて”巴人 at 11:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々のヨタ話
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/179261891

この記事へのトラックバック