2017年04月06日

【おまけのちょっと更新】アスペルガー症候群のセルフチェックをしてみた。

 こんにちは。フジカワです。「通りすがり」さん、そして、同志M少佐、情報提供ありがとうございました。

 あれから、自分なりに調べてみて、アスペルガー症候群のセルフチェックが出来るページがあったので、ちょっと自分でやってみまして。

 そしたら、結果は「疑いあり」と出ました。「通りすがり」さんにご紹介頂いたページを見てみても、当てはまると思しき点は、これだけありました。

■あいまいなコミュニケーションが苦手
言われたことをそのままの意味として受け取ってしまう。アイコンタクトや顔の表情を読み取るのは苦手。

■想像して動くことが苦手
想像力が弱い傾向にあるので、指示されたこと以外に考えが向かなかったり、相手や環境の変化に気づかないことがある。

■相手の気持ちを理解するのが苦手
相手が何をどう考えているのかを想像することに困難さがある。

■自己中心的に思われる言動をしてしまう
自分の言動がその後どうなるか、ほかの人にどう影響するか、想像するのが苦手で、臨機応変に動くことに困難さがある。

1. 明確な指示がないと動けない
2. 場の空気を読むことができない、空気に沿った対応ができない
3. 冗談が通じず、会話の行間や間を読むことができない
4. 曖昧なことを理解できない
5. 好きなことは永遠とやり続けてしまう、話し続けてしまう
6. スケジュール管理ができない
7. 自分が興味のないことは頑なに手を出そうとしない
8. 急な変更にうまく対応できず、だまされやすい
9. 名前を呼ばれないと自分だと気が付かない
10. 相手の気持ちをおもんぱかれない、人を傷つけることを平気で言う


 この一覧を印刷して、今度の通院日に持って行こうと思います。

 振り返れば、家庭内の生活においても、上記に当てはまることが多いんですよね。親からは、「気の回らない子」で済まされてますが。

 とにかく、皆様と意思の疎通がうまく出来ない理由(まだ疑惑ですが)が、ようやく判明しました。僕がコメントの行間を読めないばかりに、不快な思いをさせてしまった方々には、改めてこの場でお詫び申し上げます。申し訳ありませんでした。

 アスペルガー症候群については、引き続き自分で調べつつ、来週の通院日を待とうかと思います。

 それでは、今度こそ今日はこの辺で。また明日。


にほんブログ村 オヤジ日記ブログ アラフォーオヤジへ

押して下さい。
僕が喜びます。ご協力下さい!
posted by 不二川“でぇすて”巴人 at 13:47| Comment(6) | TrackBack(0) | 日々のヨタ話
この記事へのコメント
蛇足ですが、もし鬱が二次障害で、アスペルガー症候群や妄想性人格障害が一次障害だとしたら、今の主治医の手に負えるかどうかの、一種の「難病」かと存じます。

広汎性発達障害や自閉スペクトラム症を専門に担当している医師や病院への、セカンドオピニオンや転院も覚悟なさって下さい。

兵庫県内に該当医師がいらっしゃればラッキーなのですが・・・。
Posted by 同志M少佐 at 2017年04月06日 14:35
M少佐さんへ。

自分も最初はその手の所謂本物ってやつかと思ったんですがね。

自分の親の仕事の手前そういう障害を持つ人の話を聞く機会が多いのですけど、

その気はあるしおそらく発達障害であろうとは思うのですが、
この人の場合それはあくまで原因の一端なので。

私はそういう診断が出たらそういう物として自分の人格を認めて折り合いをつけて自分の人生を歩んでいくことはできず、それを自堕落の言い訳にするだけだと思っていたので言わなかったのですが。

でもどうやら母親がでぇすて氏に対してそこまでとは思いたくないご様子で、それも枷になってらっしゃるようなのでいっそ引導渡して貰ったほうがいいのかもしれないですね…
Posted by 匿さん at 2017年04月06日 18:06
ったく。返答希望と書いたら返答しませんとか。
わがままだなあ。。。・_・

で。だ。心おれていいんじゃね?

但しココで折れるんじゃなく。医者の前でな。
アスペルガーだか何だか知らんけど、医者に相談するのは良いことだ。
競馬投資を起点にしたとしても、明らかに「精神状況は悪化」してるから。

いいかい。

治療する気がない病は、如何に病名がついても、病気じゃねえぞ。。。
そして、これは何度も書いていることだが。

いまのキミは自分に言い訳をし、欺いて生きている。

コメントを書いている奴。特にオレな。他人なんだから、欺かれようが虚勢張られようが、痛くも痒くもないんだぞ???

そんなに、自分を痛めつけて、何が楽しい???

とりあえずだ。余りコレだアレだと決めつけず医者に相談して、医者の言うことを聞いとおけ。

薬で自己解決出来ると思い込んでいる鬱病は、ホント末期だからな。。。

本当の意味で
キミの支えになる良医が見つかることを願って。

そんじゃの。・_・
Posted by ・_・ at 2017年04月06日 18:07
一応貼っとくけど、これらは逃げ場所ではないし言い訳にもならないからね。

www.hattatsu-shogai.com/shindan-hyogo

ただでさえ現状鬱なのに、原因の根本である発達障害や人格障害と向き合うのは自分との勝負だ。

ネットでは発達障害や人格障害は、社会的経験値が上がる中年期には病状が薄れると書いてある。

私の想像だが、あなたは状況に応じて他人や欲望に甘え、社会的経験値を上げる事を怠らなかったかい?

今から社会的経験値を、良医の元で、療育施設でトレーニングするというのは修行のようなものだと私は思う。

薬に頼り過ぎる事も一種の甘えではないかとさえ私は思っている。

自身の病理の本質を知る事は楽かも知れないが、知ってしまったらもう楽は出来ないんだよ。

匿さんさんのフォローがなければ、私はまたあなたを甘やかすところだった。

匿さんさん、すみませんでしたm(_ _)m
Posted by 同志M少佐 at 2017年04月06日 23:02
ごめん、貼れてねーわ汗。

「兵庫県 発達障害 専門医」

あたりで検索よろしく♪ 
Posted by 同志M少佐 at 2017年04月06日 23:13
M少佐さんへ

こちらこそそう考えておきながら、その方面からのアプローチを薦めることを考えもしていませんでした。

返信有難う御座います。٩( 'ω' )و

Posted by 匿さん at 2017年04月07日 07:24
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/179333200

この記事へのトラックバック