2006年07月02日

【2エントリ目】風俗店の陰謀。

 やることがないんで、ぼけら〜っとしていて、ふと思い出したことがあります。先日、風俗(特にソープランド)についての話を書きましたが、その『風俗の罠』について触れ忘れてました。

 罠とは何か。私、前回の日記で、『たいていの店は、広告に看板娘を載せている』と書きました。いつぞやに小耳に挟んだんですが、これ、必ずしも真実ではないんですよね。どういうことか。悪質な店は、『広告掲載専用の子を使う』ということです。実際には、その店に姫として在籍していないにも関わらず、ただ広告に出るだけ。『ウチにはこのぐらいのレベルの子がいますよ〜』と謳って、客を騙すわけですわ。で、釣られて実際に店に行ってみれば、『話が違う!』レベルの子しかいなかったりして。あ、後、『当店には、アナルファック出来る子がいます!』と謳っておきながら、実際にそのプレイが出来る子は、とんでもねぇブスばっかりだったりして……

(トラウマスイッチオン)

 ウウ……あれは何年前のことだったろうか……ソープで童貞捨てる前だから、22〜3歳の頃かなぁ……名古屋で開かれた、男性向けエロオンリー同人誌即売会(『メンズコミック』。略して『メンコミ』)に参加した帰り、とあるヘルスに行ったんだよなぁ……アナル目的で。で、出て来た子は……うわぁあぁあぁっ! 思い出したくないッ! でも記憶から消えないッ! ものすげぇデブス! まさにモンスター! 貴様はもはや女じゃない! 性染色体がたまたま「XX」なだけの生物(ナマモノ)! だったのっすよ……。

 でも、その娘が、愛嬌が良かったり、実はすげぇテクニックの持ち主だったらまだ許せたんだけど……愛想はないわ、ヘタだわ、客にあれこれ注文つけてくるわ……一言で言えば、我が風俗体験史上最悪の悪夢。禍々しいワーストワンだったわけですよ。なんだかんだで、諭吉さん3人ぐらい飛ばしたんだよな……。

 店を出た後、痛切に思ったさ。『こんなに金を浪費したなら、初めから福原(註:神戸のソープ街)の格安ソープに行けば良かった……!』と。

 例え風俗専門誌でも、悪質な店を載せることもあります。情報の吟味は慎重にね! と言うお話でした。
posted by 不二川“でぇすて”巴人 at 16:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 遊び(深読み可)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/55541669

この記事へのトラックバック