2014年02月20日

宿題が楽しすぎて、帳簿付けをすっかり忘れるなど。

 こんばんは。無数の十字架を背負ってる方のフジカワさんです。うわあい、キリスト気取りなんておこがましいね! 燃やそう!

 さて。夕方のエントリ更新後、今日こそは帳簿付けを再開……と行きたかったのですが、「YOU、養成所の宿題をやっつけちゃいなYO!」という悪魔の囁きが。基礎科の宿題と、ラジオドラマ短期集中講座の宿題は終わったので、残るは、長編サポートクラスの宿題だけです。内容は、「登場人物の詳細を書く」ことと、「ストーリーのプロットを、最後まで書くこと」。規定は、登場人物の詳細をペラ5枚。プラス、ストーリープロットはペラ20枚で、とのこと。

 キャラに関しては、さほど苦労なく書き上がりましたが、問題はストーリーですよ。先だって、全体のあらすじを800字で提出しているのですが、そこからいかに膨らませるか? がキモです。うーん、うーーん、と考えているうちに、脳から変な汁が溢れ出てきました。こうなると、俄然楽しくなってくる。「とりゃあっ!」と、勢いのまま……ではなく、なるべく、今までの授業で習ったことを活かしつつ、書き進めて行きました。

 そして、つい先ほど、設定と併せて、ペラ25枚を書き上げました。「マフーッ!」と満足げな鼻息をふかしながら、印刷してホチキスで綴じて、読み返してみました。

「……どうなんだろう……」

 そこで一気に膨れ上がる不安感。はたして、今自分が書き上げたものが、(想定1時間の)映像にした場合、面白いのか? プロットを読むだけで、もっとワクワクドキドキさせられないものか? 読み返せばそれだけ、もっと改善の余地があるように思えてきます。しかし、今の自分にはアイデアが湧かない。悔しいです。

 ものを書いていく場合、自分がまず、自分自身のファンである必要があると、私は思っています。そのファン目線で見て、これは面白いのか? と問えば、「うーん?」と思ってしまう。「さっすが我!」とまでは、とても行かない。まあ、そこを先生と一緒にブラッシュアップしていくのが、授業の趣旨なんですけどね。それに、長編サポートクラスは、今年の夏までの、半年間のスパンで取り組むものです。いきなり完璧なものが仕上がるわけがないですよね(*´・ω・)(・ω・`*)ネー ……割と、自己欺瞞スキルが働いてる気もしますが(´・ω・`)

 でも、とりあえず体裁は整ったので、これで心置きなく帳簿付けが出来ます。明後日の授業で全部提出して、後はひたすら、「やよいの青色申告」と格闘DA! 住基カードの更新に、市役所にも行かなくちゃいけませんし、割と慌ただしいです。忙しいって幸せだなあ(棒読み)。


 それでは、今日はこの辺で。また明日。



にほんブログ村 オヤジ日記ブログ アラフォーオヤジへ

押して下さい。私が喜びます。ご協力下さい!
posted by 不二川“でぇすて”巴人 at 21:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々のヨタ話
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/87888698

この記事へのトラックバック