2009年03月23日

地方民であることの実感。

 こんばんは、フジカワさんです。5行以内で心情を表すコーナー、開始。

 年甲斐もなく布教活動にいそしんでいる『放課後プレイ』ですが、同人誌も出始めましたね。嬉しいことです。直近では、『ニリツハイハン』様の、『放課後プレイオフ』という本が、ピピピッと来たのですよ。

 さて、上記リンクにも貼ってますが、この同人誌はメロンブックス専売です。フジカワさんの行動範囲には、メロンブックスが2軒あります。(大阪日本橋店、神戸三宮店)

 ようし、ぢゃあ、仕事をさっさと終わらせて、メロブへGO! ……と思ったんですが、ちょっと冷静になってみると、発作的に外出しなくてよかったと思う次第です。

 理由:交通費。この一点。

 フジカワさん宅から、大阪日本橋まで:(駅までのバス200円+阪急電車220円+大阪市営地下鉄230円)×2=1,300円

 フジカワさん宅から、神戸三宮まで:(駅までのバス200円+阪急電車270円)×2=940円

 メロンブックスの通版・送料:550円

 ……どちらが得であるかは、明々白々ですね。つうか、その事実にさっきまで気づかなかったフジカワさんはバカだと思います! 地方民のくせに! 地方民のくせに!orz

 そんなわけで、おとなしく通版しましたとさ。さあ、届くのが楽しみだ!
posted by 不二川“でぇすて”巴人 at 20:51| Comment(0) | TrackBack(0) | ノンジャンル・ごった煮

2008年02月26日

愛しのボヤキロイド。

 非っ常に今さらですが、一部ネットで見られる『弱音ハク』というキーワードが気になったのですよ。はて? なんぞや? と思ってググってみたら……

『弱音ハク』とは−はてなキーワード

 どうやら、初音ミクからの派生キャラらしい。試しにイメージ検索してみると……ガッツリキャラデザができあがっていたーっ!?

 大元のキャラデザをした方のホームページはこちら。

 銀髪巨乳のおねえさん! しかもヘソ出し! そして飲んだくれキャラw

 ムハァシ! これはたまらんっ! たまらんち! アバランチ! 網走番外地!
 ドッ! ストライーーーク!! 姐さん可愛いよ姐さん(*´Д`)ハァハァ

 そして、このあたりでトドメを刺される。

 ねんどろいどでダンスさせてるの↓


 ウッーウッーウマウマ(゚∀゚) ……もとい、ウッーウッーツマンネ('A`)↓


 くっくっく、一部ネット住人の脳内妄想力は無限だな! 愛してるぜ!
posted by 不二川“でぇすて”巴人 at 18:48| Comment(0) | TrackBack(0) | ノンジャンル・ごった煮

2007年08月28日

やっとCDが届いた!

 今朝方、玄関先を見ると……やっとこさ、Amazonから届いてました。
 これ。



 さっそく聞きました。歌詞カードをじっくり見ながら。

 オーケンファンとしては、「ああ、やっぱオーケンはオーケンだ」と安心しますね。少し前にも言いましたが、これは筋少と言うより特撮なんですけど。

 アニメではうまい具合に編集されてますが、気に入った人は是非ともフルバージョンを聞きましょう。ネガティブに陥りながら、自覚した上で居直って前に突き進む、かえってポジティブさの滲むいい曲です。

 『踊るダメ人間』に通じる、いかにもオーケンだと思うこのあたり、物書きの癖にいい表現が浮かばないなあと思っていたら、こちらでものすごく細かく解説が。また、例の衝撃的なOPに関しても、実に事細かに解題しておられます。

 とりあえずフジカワさんから言えるのは、相変わらず、エディこと三柴理氏のピアノが変態的(褒め言葉)にいいのでと。後、ドラムもすごい。歌無しバージョンを聞いてみるとよく分かります。

 ヘビーローテーション入りまーす!
 カラオケに入ったら歌いまーす!

(叫び)

これはアニソンじゃねえ。

しかし、やはりアニソン扱いしかされないだろう事に絶望した!
posted by 不二川“でぇすて”巴人 at 17:22| Comment(0) | TrackBack(0) | ノンジャンル・ごった煮

2007年08月26日

私『も』宿命的に日陰者である。(not誤字。絶望先生8話感想)

 仕事としてエロゲライターを長いことやってると、そう思います。原画家さんは華がありますが、私らライターはね(遠い目)。
 そんなわけで、絶望先生8話感想。正しくは『私は〜』ですよ?

 皆さん、冷静に考えてみましょう。今回は臼井君の話でしたね? それも、前半後半両方に出てましたね?

 男キャラで一話丸ごと使うなんて贅沢だな! 各ヒロインでも、半分ずつだったろうが! まあ、それだけ、いじりがいのキャラだということですが。己の影の薄さを、そこまで明るく言うな(笑)。

 ぶっちゃけ野郎はどうでも良くて(えー)、おにゃのこ達の夏服とか水着姿に目が行くのは、男としてまだ枯れていない証拠だと誰か言って下さい。「魂のステージが低いから」うんぬんのくだりは、どう見ても新興宗教です。本当にありがとうございました。

 智恵先生の乳首はいいのか!?(プールでの水着姿をよく見てみましょう)智恵先生、あれだけ胸があるのに、なんであんなに普段着やせしてるんだよ! 小森ちゃんの着替え姿とかもあったし、実にけしからんのでもっとやれ! 小森ちゃんのあれがスク水に見えた人の挙手を願います! うむ、いい歳をしてスク水ハアハアとは変態だ! 燃やそう!

 千里と固い握手をする芽留。貧乳同盟結成の瞬間である。その時歴史が動かない。

 そんなわけで非難訓練。うん、そうだね。若いうちに叩かれることは大事だよ。フジカワさんもね、非難(批評)される側の仕事してるからね。ユーザーに批判されるのも慣れておく必要がありますが、制作の上の方(ディレクターとかプロデューサー)に叩かれる訓練もしておいた方がいいよ! 叩かれたからってヘソ曲げたら、伸びないし続かないよ、この仕事! 10年ライターかく語りき。

 ところで、「死んじゃおっかなぁ」とすねる先生は、可愛いと思いませんか。こぉの構ってちゃんが! これは、神谷浩史さんの声が含む色気によるところが多いと思うのですが、いかがなものか。そして「止めませんから」とスルーする千里。息合ってるな!(そうか?)

 はい、ここで一斉ツッコミ。消防署『の方』から。誰も「消防署の人間である」とは言ってない。それを人は詐欺と言う。

 そして(自称担当者によって)吹き荒れる罵詈雑言の嵐! ガムシャン連呼は立派なイジメの光景ですが、黒い笑いになってしまうのはこの作品の特性でしょうか。

 チェックポイント! 「ガムシャン」呼ばわりされて、髪の匂いを嗅ぐ千里。これイイヨイイヨー。黒髪ロング娘の新たな萌え仕草と我認定であり、いつかシナリオで使いたいと。

 そして…………怪獣バリゾーゴンのセリフ、「ニコ厨死ね!」。やっぱ突っ込まずにはいられませんねえ。OP主題歌のマキシCMでもつっこまれてましたが、完璧にニコニコ動画を意識しているというか「視野に入れてる」作り。コソコソ気にするより、清々しいです。

 そりゃまあ、ニコ動とかYoutubeとか、厳密に見れば著作権侵害の嵐ですけど……宣伝効果も相当あるんですよね。実際、フジカワさんの周囲の業界人でも、「積極的な黙認」をするところとか、最近は、新作のデモムービーをメーカー側から直接ニコニコやYoutubeにアップしてる人もいます。特にニコニコは、コメントが付けられる分、ユーザーの反応が直接分かりますから、探りやすいんですよ。ある意味、視聴者参加型とも言えるでしょう。思い切った制作者側に拍手。しかし、はた目には悪のりに見える件。だがそれがいい。それでいい。あーもう、マリアは可愛いなあ。はいてないし。

 最後は「誰のエピソードだっけ?」という締めでしたが、大丈夫だ臼井君。君は十分に露出した。劇中のキャラ達がスルーしても、視聴者の印象には残った。一話丸ごと使った男キャラとして、語り継がれるがいい。それは名誉だ。そんな名誉いらないか。そうか。

 でさあ(急に馴れ馴れしく)、後半のヒッチコックのパロは、糸色先生のサービスシーンだよねえ? 女性ファンに媚びてるよねー。色っぽいよねー。

 来週も絶望しよう!
 エンドカードは、糸色先生と膝を抱える小森ちゃん。
 智恵先生とのサービスカットだけじゃなくて、糸色先生との絡みをもっと入れてもいいじゃないでしょうか、スタッフさん? と、小森ちゃん派としては思います。
posted by 不二川“でぇすて”巴人 at 20:32| Comment(0) | TrackBack(26) | ノンジャンル・ごった煮

2007年07月30日

一緒に斜めに見て絶望しよう。

 頭が煮えていて仕事になりません(挨拶)。
 『絶望先生』の感想をブログで色々見ていて、初めて、アニメ業界の中の人が書いたものを発見したのでついカッとなって以下略。

ナナメから見てみる:さよなら絶望先生 第3話 - livedoor Blog(ブログ)

 うん。なんかやっぱり安心するですよ。作画が話題&好評な絶望先生ですが、動画の手間のこと考えたらゾッとしますよね。フジカワさんも第一話を見た時に、「このクオリティで毎週やるの!? つーかできるの!?」と言いましたが、ゲーム屋よりも本職のアニメ屋さんの方が心配になりますよね。まあ、ブログやネットをやってない業界人の方も、ハラハラしながら見てるのかも知れませんが。とりあえず、小森ちゃんディープラブ同盟(今結成)ということで。(一秒後解散)

 ところで、前のエントリで、4話のOPが「夢野久作」と言いましたが、もっと広くて便利な言葉として、「昭和のエログロナンセンス」というのがありました。あまりにぴったりすぎて、作ってる人達の年齢はフジカワさんと同じであろうことが分かりすぎて困る件について。けしからんのでもっとやれ。(そればっかりかい)
posted by 不二川“でぇすて”巴人 at 20:34| Comment(0) | TrackBack(0) | ノンジャンル・ごった煮