おめざのアイスコーヒーを、ラカントSで作った結果。

日記
この記事は約2分で読めます。

どうも。フジカワです。外はいかにも『梅雨でございます!』という塩梅の空模様ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか。地味に蒸し暑いので、エアコンは『除湿』モードで動かしています。

さて。タイトルの話を。僕は皆様ご存じの通り糖尿病なので、日々の糖質制限には可能な限り気を配らなくてはなりません。でも、甘いものが大好きなので、ついついお菓子の類を間食として食ってしまうのが悪い癖です。それに、毎朝の日課であるおめざのアイスコーヒーには、砂糖をガバガバ入れています。当然、よかろうはずがありません。

しかしながら、そんな糖質制限をしている人間にとって、救世主的甘味料があります。砂糖と同等の甘さで、味わいもケミカルさはなく、自然な甘みで、かつ、カロリーも糖質もゼロという『ラカントS』。ちなみにこれ。

それなりのお値段がしますが、値打ちはあります。ただし欠点としては、体質によって、摂取するとお腹が緩くなるというのがあります。僕も一時期そうだったので、結構前に買ったはいいものの、長らく使わずじまいでした。

が。なんか最近、あまりお通じがよろしくないので、再度飲めば出る物が出るんじゃないか? と思い、昨日からこの『ラカントS』でおめざのアイスコーヒーを作って飲んでます。

結果としては、以前あれだけ不条理感を感じていたお腹が緩くなる症状は一切出ず、至って何ごともなく日々を過ごせています。

ところがどっこいしょ。いかに糖尿病とは言え、人間『朝のエネルギーとしての糖質』はやはり必要なのか、カロリーゼロのアイスコーヒーを飲んでも今ひとつ頭がしゃっきりしません。これは慣れる物なのかどうか?

で。どう話を締めくくろうか考えているうちに、キーボード着弾。これからまた、ちょっとタブレットのセットアップにとりかかります。

んじゃまた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました