元・エロゲシナリオ屋のブログもどきですよ?

やっぱり僕は、テレビが嫌いだ。

どうも。フジカワです。朝からの頭痛が、まだ地味に残っていて、ローテンションに拍車を掛けてくれてますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

今回の台風19号、関東地方では、シャレにならない被害が出ているようで、避難を余儀なくされてる方々には、謹んでお見舞い申し上げます。我が家は、食事時に、国営放送のニュースを流すのが常なのですが、たとえチャンネルがどこであれ、ひとたび『デレビカメラというフィルター』を通せば、全ては他人事になります。いたずらに不安を煽るだけの民放より、いかに『大本営発表』であろうとも、国営放送の方が『多少』マシだとは思いますが。

やはり、『テレビという装置そのもの』は、エンターテインメントの為にあるんだなあ、と、思いを新たにしました。そうです。いかな大災害も、酸鼻を突くこと極まりない事件でも、卑劣なテロも、戦争でさえも、『テレビ』を通せば、例外なく『娯楽』と化します。『自分が巻き込まれない限り』。

これは、大人げない思い出し怒りの一環ですが、24年前の、阪神淡路大震災の時も、全く関係なかった関東の人が、『名称に“阪神”と付くだけで、お笑いっぽく聞こえる』と言うようなことをのたまわって、当の被災者であった僕は、怒りも悲しみも通り越して、ただ、あきれかえりました。よそからすればそんなモンなんだという現実を、その一言で思い知りました。

今回の台風も、各地の被害の状況が、絶え間なく流されてますが、食事が終わって、後片付けも済ませたら、僕は、早々にテレビのない自室に戻りました。僕自身、心のどこかで、現在進行形で被害に遭っている方々、あるいは、各地のライブ映像を見て、それらを『娯楽として消費』していることは、否定できないからです。

それもこれも、少なくとも我が家の近辺では、確かにかなり強い風雨はあったものの、去年の西日本豪雨の時の方が、よっぽどひどかった、と言えるほど、被害らしき物は皆無だったからです。いかに被災地へ、同情の念を寄せようと、可哀想だと哀しんでみせても、当事者が欲しいのは、そんな『役に立たない物』よりも、現実の支援の手です。何ら行動を起こさずに、単純に『高みの見物』を決め込んで、テレビから垂れ流される、『災害というショウ』を愉しむだけ、なんてのは、僕は、荒っぽい言い方をすれば、もはや『卑怯』だと思います。

またぞろ荒っぽい言い方になりますが、みんな、『刺激』、あるいは『悲劇』に飢えてるんだと思います。『自分の関係しない』それらに。だから僕は、どこまで行っても、そんな『悪趣味な一般人』と、『テレビそのもの』が、好きになれないのだと思います。

全ては夢、全てはショウ。そんな僕は、今日も、『現実』というものが、よく分かりません。

んじゃまた。

応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ アラフォーオヤジへ
にほんブログ村

エッセイ・随筆ランキング

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


自己紹介

P.N.:不二川巴人(ふじかわ・ともひと)

1974年5月8日生まれの45歳。40歳の頃まで、アダルトゲームのシナリオライターをやっておりましたが、少し前に、精神障害者2級の障害者手帳を交付されたのを機に、スッパリと廃業。今は、好きな物を好きな時に書く、気ままな、寄生虫のような生活を送っております。

このブログについて。

ホームページ本館はこちら。

バナー

Amazon『恵んでほしい物リスト』。

最近のコメント

    WEB拍手一覧

    僕へのメールはこちらから。

    既刊同人誌(日記)

    既刊同人誌(詩集)

    既刊同人誌(小説)

    アクセス統計

    • 37現在の記事:
    • 25413総閲覧数:
    • 87今日の閲覧数:
    • 94昨日の閲覧数:
    • 731先週の閲覧数:
    • 1863月別閲覧数:
    • 13952総訪問者数:
    • 75今日の訪問者数:
    • 79昨日の訪問者数:
    • 591先週の訪問者数:
    • 1451月別訪問者数:
    • 74一日あたりの訪問者数:
    • 0現在オンライン中の人数:
    • 2019年5月5日2019-05-05:

    にほんブログ村ランキング

    RSS 『自称』詩人のチラシの裏。

    Translate »