3,050円かけて、眼科へ行った甲斐は、大いにあった。

日記
この記事は約2分で読めます。

どうも。フジカワです。18時過ぎに眼科とメガネ屋から帰ってきて、夕食を取った後、後片付けを済ませて、ラフな服に着替えて、自室に戻って、今です。

行こうと思っていた眼科の、午後診が15時からだったので、それに合わせて家を出発し、眼科の受付で、診察に来た目的を話し、まずは検査。視力がかなり落ちており、今掛けているメガネは、明らかに合っていないことが判明。一通りの検査が終わってから、処方せん通りの度数のレンズを通して周りを見ると、今までより、相当遠くがよく見える事が分かり、それだけでもよかったのですが、大きな問題が発覚しました。

なんと、右目に、緑内障の兆候があるとのこと。(参考:緑内障とはどんな病気ですか?)幸い、正常と異常のギリギリ境目で、すぐさま、なにがしかの処置や治療が必要、というわけではなかったのですが、肝が冷えたことは事実です。

んで、なんだかんだで書いて貰った処方せんの代金は、診察代含めて、3,050円。価値は充分にあると判断しました。その後、処方せんを持って、JR伊丹駅前の、イオンモール内にある、メガネ屋の『JINS』へゴー。

店舗には、程なく到着。検査の必要がないので、店員さんに、『遠近両用のメガネが欲しい』事と、『ブルーライトカットレンズにしてくれ』ということを告げて、処方せんを渡し、一応店内でも、処方せん通りの度数のレンズを掛けてみると、バッチリだったので、後はフレーム選び。

フレームの予算は、税抜き8,000円。あまりチンタラ迷うのも嫌だったので、直感でピンと来た物を持って、再度店員さんに伝達。会計を済ませると、20,000円でお釣りが来たという、JINS信者になりそうな、リーズナブルっぷり。メガネの出来上がりは、今日からちょうど1週間後の14時以降のこと。一仕事も二仕事も終えた感を漂わせつつ、帰宅した次第。なお、眼科からは、メガネが出来上がってしばらくしたら、チェックしたいから、再診に来るように言われました。なので、2ヶ月ほど後(つまり、次の年金支給日)にもう一度行くことにしました。

やれやれと思って自室でメールチェックすると、午前中に頼んだ荷物の発送通知がずらっと。あと、ヤフオクの収益が入ってから買おうと決めていた、例の、折りたたみ式キーボードは、ちょうど今日の午前中の一瞬に、タイムセールをやっており、本来、3,980円のところが、3,382円だったので、迷わずポチり。ラッキー。

振り返れば、今のメガネは、10年前に作った物です。『一生物のメガネ』なんてのはあるはずもなく、5~10年サイクルで作り直すべきだと、しみじみ思いました。

んじゃまた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました