固定電話について、さらに考えてみた。

日記
この記事は約3分で読めます。

どうも。フジカワです。これは1週間ほど前の話なのですが、Amazonさんからメールが来まして、『今月分の、電子書籍のロイヤリティを、29日に振り込むぞコラァ!』という内容だったのですが、売り上げレポートを見てみると、売れたものはなく、レンタルで50回程読まれたのみでした。ということは、入って来る金額も、いいとこ20~30円前後と言ったところでしょう。僕の著作群には、買ってまで読む価値はないと言われているようで、地味に辛いんですが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

さて。タイトルの話。『別にいつでもいい』と言っていた、固定電話回線の件。ないままだと、最近、少しずつ困るようになってきました。色んな所に問い合わせをする際、やっぱり、『スマホからの場合は、ナビダイヤルで』というのが、粉雪のようにスマホの利用代金に積み重なっていって、じわじわと痛がゆくなってきてます。

んで、NTTのウェブサイトで、休止回線復活にかかる工事費用について、改めて調べてみた結果、『2,000円~10,000円(税抜)』とありました。あれ? 前に聞いた時は、『10,300円+税』と聞いたはずなのに、おかしいな? と思って、再度電話で問い合わせをしてみました。

その結果、『残っている回線に、異常がなければ、2,000円、問題があれば、10,000円(いずれも税抜)』との回答でした。んで、回線が正常かどうかは、実際に工事に来て貰わないと、分からないそうです。

で、考えました。予想以上に、固定電話の優先順位は高い事が判明。思い立ったら即行動。まずは、電話機本体を、Amazonでポチりました。それぐらいの余剰金は、まだあったので。後は、いつ工事に来て貰うか。土日は工事をやってくれないそうなので、仮に今日申し込んでも、工事は週明けになるとのこと。週明けと言えば、もう9月です。もし、工事費用が、2,000円+税、で済めばいいのですが、そうでなかった場合は、ちょっと困る事態に。

この件について、ネットを調べてみると、見事に情報が錯綜しています。『派遣工事が必要である以上、回線に問題がなくても、4,000円以上かかる』といった意見もあり、僕が実際に、(今さっき)電話で問い合わせた内容と食い違ってきます。ただ、仮に2,000円+税で済んだなら、NTTの請求方針として、『奇数月の、月額料金が5,000円未満の場合は、翌月偶数月の代金と、合算請求する』とあります。なので、心配は要らないんですけどね。

いや、待てよ? もし、10,000円+税、だったとしても、利用料金と合算請求なら、請求書が来るのは、調べたところ、翌月の中旬で、支払期日は、末日とのこと。なら、9月になって即復活させても、利用代金と工事費は、10月の半ばに請求書が来るので、どっちのケースでも、問題ないですね。

よし、決定。来週になったら、回線復活の申し込みをしましょう。ただ、復活させてすぐに、ソフトバンクの『おうちのでんわ』に切り替えて、また休止するのは、さすがに気まずいので、しばらくの間は、少し割高な電話料金がかかりますが、利便性優先ということで。

固定電話も、まだまだ捨てたモンじゃないなと思った、今日の昼間でした。

んじゃまた。

応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ アラフォーオヤジへ
にほんブログ村

エッセイ・随筆ランキング

コメント

error: 警告: コンテンツの選択はできません!
タイトルとURLをコピーしました