元・エロゲシナリオ屋のブログもどきですよ?

Jリーグ黎明期の思い出話とか、色々と節操なく。

毎日の恒例ですが、何ら生産的なこともしていないはずなのに、今、疲労困憊過ぎて、もはや、薄気味悪い笑みが浮かぶほどですが、何か。(挨拶)

と、いうわけで、フジカワです。国営放送の天気予報はよく当たるもので、今日はえらく寒いわけですが、皆様いかがお過ごしでしょうか。僕はもうダメです。

さて。このエントリは、混濁する思考の中で、思いついた断片を、可能な限り吐き出してみるエントリです。一貫性なんて物は、そこらの野良犬に食わせて下さい。よろしくお願いします。

1つめ。さっきの夕食時、たまたま珍しく、民放の報道特集を見ていたわけですが、したり顔のコメンテーターが、例の『桜を見る会』に関する政府の答弁などを見て、『政治家の質が悪くなった』ことを嘆いてましたが、ちょっと嫌な気分になりました。これは僕の持論ですが、『問答無用の独裁国家は別として、国家の施政者のレベルは、国民のレベルに比例する』と思っています。お上に文句を垂れる前に、まず、評論家の皆々様は、教育、モラル、技術、エトセトラ全て、あらゆるところで質が低下している、日本人そのものの現状を憂うべきだと思うのですが、どうか。

それに関連して、僕は、擁護するつもりは毛頭ないにせよ、少し前に、文科相でしたっけ? 受験に関して、『身の丈に合った』という趣旨の発言をして、世間の反発を買いましたが、あれ、そんなにおかしいですか? どんな人間であれ、夢や野望を持つことは、別に悪いことではありませんし、高い目標を掲げて必死に努力することは、いいことだとは思いますが、残念ながら、いかに努力でいくらかはカバー出来るとはいえ、『分相応』、『器』という言葉があります。結局のところ、人間は、『身の丈以上』のことは、なんであれ、できないもんなんです。できてせいぜい、『つま先立ちの背伸びをして、腕を精一杯伸ばす』だけで、ブブカばりの高跳びは、まず不可能です。

もっとも、若いうちから、『己の身の丈』をわきまえてる子なんて、あんまりというか、ほぼいないでしょうけど、そういう時こその、各種テスト等の『客観的評価』で、いくらかは、自分を冷静に見てみないと、必死の努力が実って、夢が叶った場合はさておき、後で虚しい思いをするのは、本人自身だと思うんですけどね。どうでしょう?

で。やっとタイトルの話なんですけど、僕は、精神を病む前から、スポーツには、ほとんど興味を持ってません。ただし、一つだけ、サッカーに関して、忘れられない思い出があります。先に謝っておきますが、現在の、ヴィッセル神戸のサポーターの皆様には、大変失礼な逸話です。ごめんなさい。

あれは、Jリーグの発足間もない頃ですから、多分、今から20年以上前の話のはずです。親戚に誘われて、1回だけ、Jリーグの公式試合を観に行ったことがあるんですよ。その時のカードは、ヴィッセル神戸VS浦和レッズ。ヴィッセルのホームゲームでした。

いや、その試合のつまらなかったこと! 僕みたいな、ルールさえろくに知らない、ズブの素人でも分かるぐらい、両チームの戦力差は明らかでした。レッズの方は、主力選手に、なんとしてでもボールを繋いで、積極的に攻めて、点を取りに行ってました。一方のヴィッセルは、いかにも散漫な動きで、統一性なんててんでなく、やる気あんのか? と言いたくなるほどでした。結果はもちろん、レッズの勝ち。ワンサイドゲーム過ぎて、最後まで観戦しきった自分を、むしろ褒めてやりたかったぐらいでした。

まあ、黎明期の話です。今はもう、Jリーグも完璧に定着して、レベルも格段に底上げされて、各チームが健全に競い合ってるのは知ってますし、僕が興味を持たないだけで、サポーターの皆さんは、全力で、ひいきのチームを応援すればいいと思います。

僕自身、なぜ今頃になって、この話を思い出したのかは、よく分かってないのですが、とりあえず皆様は、中年の昔話だと思って、「へえ」とでも感じて頂ければ、それでいいです。

さてと。もうそろそろ、精神的に、オーバーリミットです。あんまり無理をすると、後で倍返しじゃ済まなくなるので、今日はこの辺で。

んじゃまた。

応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへ
にほんブログ村

エッセイ・随筆ランキング

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


自己紹介

P.N.:不二川巴人(ふじかわ・ともひと)

1974年5月8日生まれの46歳。兵庫県伊丹市生まれ・現在住。40歳の頃まで、アダルトゲームのシナリオライターをやっておりましたが、少し前に、精神障害者2級の障害者手帳を交付されたのを機に、スッパリと廃業。今は、好きな物を好きな時に書く、気ままな、寄生虫のような生活を送っております。

カレンダー

2020年8月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31 

恵んでほしい物リスト

QRコード

最近のコメント

    WEB拍手一覧

    平常運転と言えばそうだけど、やっぱなんか納得行かない。(日記)が拍手されました!
    (2020年4月9日 19:49:277:49 午後)
    確定申告終了の巻。あと、PC関連の話をもう少し。(日記)が拍手されました!
    (2020年2月17日 20:33:598:33 午後)
    幸せは370円で買える。あと、機能追加の件。が拍手されました!
    (2019年6月2日 00:55:0412:55 午前)

    アクセス統計

    • 29現在の記事:
    • 65791総閲覧数:
    • 149今日の閲覧数:
    • 317昨日の閲覧数:
    • 1276先週の閲覧数:
    • 1908月別閲覧数:
    • 40757総訪問者数:
    • 109今日の訪問者数:
    • 212昨日の訪問者数:
    • 841先週の訪問者数:
    • 1209月別訪問者数:
    • 105一日あたりの訪問者数:
    • 1現在オンライン中の人数:
    • 2019年5月5日 00:00:002019-05-05:

    既刊同人誌(日記)

    フジカワさん日記 2018年3月フジカワさん日記 2018年4月

    フジカワさん日記 2018年1月フジカワさん日記 2018年2月

    フジカワさん日記 2017年11月フジカワさん日記 2017年12月

    フジカワさん日記 2017年9月フジカワさん日記 2017年10月

    既刊同人誌(詩集)

    小馬鹿にされて、春。

    夏のショウタイム秋のあくび

    方向音痴

    時代遅れ生きている街

    ある矛盾等しく、春は。

    前略、底なし沼よりいちぬけた

    砦の前で行き先のない道標

    既刊同人誌(小説)

    半径二メートルの青春

    春の雪シャカリキめいでい!

    花見酒初級立ちション講座

     

    にほんブログ村ランキング

    RSS 『自称』詩人のチラシの裏。