元・エロゲシナリオ屋のブログもどきですよ?

この僕に、今さらラノベを書けと申すか。(懸賞小説の話)(日記)

今朝マシンを起動すると、なぜかATOKの辞書が壊れているという旨のエラーメッセージが出たので、色々試行錯誤したんですが、わかんねえ! と思っていたら、単に『ATOK Sync』のメニューから『修復』を選び、『サーバーのデータで上書きする』を実行したら、あっさり直りました(挨拶)。

と、いうわけで、フジカワです。昨日の夢のキーワードは、『クレカ払いのできる立ち食いそば屋』と、『やたらヒゲの濃い女』なんですが、まるっきり意味が分からない、極めて平常運転の土曜日、皆様いかがお過ごしでしょうか。

さて。タイトルの話なんですが、昨日、『懸賞小説を書きます』と言いました。あの後、「そいやっさあ!」という勢いでプロットを一気に書いて、鼻息も荒く、くだんのFacebookでの知人に見せたんですよ。そしたら、感想として、「これはラノベにした方がいいんじゃ?」と言われました。理由としては、以下のような感じ。

  • 導入からして、非現実的(ファンタジー)要素がある。
  • 題材が、『一般文学賞を狙うなら』ありきたり。
  • もっとドタバタさせた方が面白い。

はい。ざっくり来ましたね。ラノベに関しては、11年前に一発書いて、名古屋時代の元上司には、心を粉みじんにされるまでダメ出しを食らうわ、いざ懸賞に応募しても、第一次選考通過止まりだったわで、「ああ、俺にラノベを書く才能なんてないんだ」と、諦めていたというか、むしろ拗ねてたんですが、思わぬ所からの提案です。

ならば、と、いっちょ開き直って、そのプロットを大幅に加筆修正し、『ラノベとしての』それに改造しました。「フンス!」と、再度その知人に読んでいただくと、まあまさか満点をもらえるはずはなかったんですが、「これで書いてみた方がいいんじゃ?」というお返事が。

まだ細かいアラはあるものの、『案ずるより産むが易し』とも申しますゆえ、その知人とのチャットが終わった時点から、即座に冒頭を書き始めました。ただ、やっぱり僕は、前職がエロゲライターだったので、『ビジュアルありき』の書き方をしてしまうクセが抜けず、そこは再度ツッコミをもらったりして、試行錯誤しながら『僕的には』こんなもんじゃね? というプロローグが書けました。だいたい原稿用紙19枚を、2時間あまりで書くという、逆に自分で驚くほどのスピードでしたさ。

で。当然、懸賞には応募したいんですが、ラノベの賞と一口に言っても、応募規定は様々です。僕が考えた話は、多分、ケツまで書いても、せいぜい、原稿用紙換算で200枚未満ぐらいのはず。大抵のラノベの賞は、『200枚~300枚以上』というのが、平均的ラインです。

無理に引っ張ると、冗長で退屈になるのは、以前通った道です。多少短くても、200枚以下で受け付けてくれるところは、どっかないか? と思って探したところ、一応あるにはありました。締め切りは、今年の10月末。恥ずかしいので、どこかは伏せます。

ただ、目標は決まりました。今が7月の末ですから、猶予はあと3ヶ月。大いなる机上の空論なんですが、昨日の夜、2時間で19枚書けたなら、それを丸1日と換算しても、残り10日で、200枚が書ける事にはなります。暇ならいくらでもありますから、やれそうな気はするんですが、一番のネックは、やっぱり精神面ですね。こればっかりは、その日起きてみないと分かりませんから、何とも言えません。

その知人さんとも、「一緒に応募しましょう」という話になったんですが、なんかシチュエーション的には、『うっかりスタートしてしまった』感じがビシバシとして、「できんの!?」と、当の僕自身が思ったりしてます。いやまあ、もう後戻りは不可能なんですが。

さあ、なんか大変なことになりましたよ? 「ついカッとなった」で済むのか? 知るか!(逆ギレ) 『ワナビ(46歳)』。この字面の、どうしようもない救いようの無さよ。嗚呼。

まあまあ、焦るとろくな事になりませんから、一番にまず精神面と相談しつつ、足掻けるだけは足掻いてみようかと。

んじゃ、昼間はこの辺で。

応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ アラフィフオヤジへ
にほんブログ村

エッセイ・随筆ランキング

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


自己紹介

P.N.:不二川巴人(ふじかわ・ともひと)

1974年5月8日生まれの46歳。兵庫県伊丹市生まれ・現在住。40歳の頃まで、アダルトゲームのシナリオライターをやっておりましたが、少し前に、精神障害者2級の障害者手帳を交付されたのを機に、スッパリと廃業。今は、好きな物を好きな時に書く、気ままな、寄生虫のような生活を送っております。

カレンダー

2020年8月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31 

恵んでほしい物リスト

QRコード

最近のコメント

    WEB拍手一覧

    平常運転と言えばそうだけど、やっぱなんか納得行かない。(日記)が拍手されました!
    (2020年4月9日 19:49:277:49 午後)
    確定申告終了の巻。あと、PC関連の話をもう少し。(日記)が拍手されました!
    (2020年2月17日 20:33:598:33 午後)
    幸せは370円で買える。あと、機能追加の件。が拍手されました!
    (2019年6月2日 00:55:0412:55 午前)

    アクセス統計

    • 25現在の記事:
    • 64587総閲覧数:
    • 72今日の閲覧数:
    • 215昨日の閲覧数:
    • 1100先週の閲覧数:
    • 704月別閲覧数:
    • 39965総訪問者数:
    • 49今日の訪問者数:
    • 104昨日の訪問者数:
    • 690先週の訪問者数:
    • 417月別訪問者数:
    • 92一日あたりの訪問者数:
    • 0現在オンライン中の人数:
    • 2019年5月5日 00:00:002019-05-05:

    既刊同人誌(日記)

    フジカワさん日記 2018年3月フジカワさん日記 2018年4月

    フジカワさん日記 2018年1月フジカワさん日記 2018年2月

    フジカワさん日記 2017年11月フジカワさん日記 2017年12月

    フジカワさん日記 2017年9月フジカワさん日記 2017年10月

    既刊同人誌(詩集)

    小馬鹿にされて、春。

    夏のショウタイム秋のあくび

    方向音痴

    時代遅れ生きている街

    ある矛盾等しく、春は。

    前略、底なし沼よりいちぬけた

    砦の前で行き先のない道標

    既刊同人誌(小説)

    半径二メートルの青春

    春の雪シャカリキめいでい!

    花見酒初級立ちション講座

     

    にほんブログ村ランキング

    RSS 『自称』詩人のチラシの裏。