ある糖尿病患者の地味な悩み。

日記
この記事は約2分で読めます。

どうも。フジカワです。ここ数日、寝る前に飲むレボトミンの量を、試行錯誤しています。少なくとも、15mgだと、あからさまに目覚めが悪いのですが、25mg飲むと、寝覚めがよくても、翌日の活動性に影響が出るので、多分、20mgぐらいが妥当なんじゃないかと思ってます。皆様いかがお過ごしでしょうか。

それらの薬に関連して、現在悩んでいることがあります。それは、糖尿病の薬について。現在僕は、『エクメットLD』という薬を飲んでいるのですが、この薬の難点は、値段がすごく高いこと。糖尿病薬として、超メジャーな、『メトグルコ』の、およそ倍の値段がします。日々の家計を、切り詰められればそうしたいのは、誰でも同じだとは思います。

最大の問題は、僕は、メトグルコを飲むと、副作用が出て、ひどい下痢をする、という点です。ただ、内科の先生曰く、「メトグルコは慣れるから」とのこと。その内科の先生は、「信者か!」とツッコミを入れたくなるほど、メトグルコ推しなのですが、ちょっとは先生の言う事を聞いた方がいいかな? と思いました。同時に、試しにネットを検索すると、「メトグルコによる下痢は、一過性の物である」とも出ていました。もしそれが本当なら、ちょっとの間我慢すれば、それほど大騒ぎしなくてもいいの『かも』知れません。

今月はもう、『エクメット』を一ヶ月分処方された後なので、来月の診察では、思いきって、再度メトグルコにチャレンジしてみようかと決意しました。余談ですが、便通と言えば、これも調べてみて分かったのですが、あまりに便秘が続くと、血糖値が上がるそうです。

正直、僕はあまり胃腸が丈夫とは言えない(牛乳を一気飲みしただけで、下痢をするぐらい)ので、再度メトグルコに挑戦するのは、結構怖いです。が、月々に1,000円浮くなら、その価値はあると思います。

んじゃまた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました