けだるい感じの、三が日最終日。

日記
この記事は約3分で読めます。

家から一番近い、JR伊丹駅構内にある、『カットしかやらない散髪屋』の値段が、1,200円であったことを思い出すと、プラス400円で、顔そりもシャンプーも全部やってもらえる、いつもの散髪屋の方が、結果的にはいいという結論に達しました。カットのみで1,000円だったなら、検討の余地はまだあったんですが(挨拶)。

と、いうわけで、フジカワです。書いたかも知れませんが、今年の目標は、「10円たりとも無駄にしない」であり、そのためには、キャッシュレス決済生活が前提となるのですが、精神科と内科の診察代(+散髪代)が、まだ現金払いのみなので、将来的にでも対応して欲しいと思う今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか。

さて。3日です。三が日最終日ではありますが、同時に週末のため、ロスタイムがあと2日残ってます。もっとも、僕には何の関係もないわけですけども。もし、今日という日の意味を見いだすならば、次回の年金まで、あと6週間ちょうどであり、くどいぐらいに(ゆうちょ銀行の)残高をチェックした上で、かつ、今後の予定(=何もない)を考慮すると、「割と余裕」という結果であり、さりとて気は抜けないという。

で。タイトル通り、正月特有の気だるさがあるんですが、今日はなんか、奇跡的に、『まだ』頭がマシ『であるような気が』します。もっとも、これを書いてる時点では、起床してから、まだ2時間未満なので、夜までのコンディションが保証されているわけではありません。

何度も言っている通り、週明けからは、禁煙外来での治療が始まります。日々の節約に関してもそうですが、『永遠に続けなければならない』と思うと、絶対に心が折れるので、「今日一日を乗り切ればいい」の積み重ねが大事だと、禁煙外来についての、ファイザー社のサイトにも書いてありました。

一応の今後の目標は、遅くとも15日までに、銀行口座の明細や、印刷してない領収書などを全て揃え、確定申告の受付が始まる、2月15日に、いの一番で申告出来るように、1ヶ月で帳簿付けを終わらせることです。30日で12ヶ月分の帳簿を付ければいいわけですから、たいたい、2日で1ヶ月分のペースです。そして僕は、過去の経験上、最低でも1日で1ヶ月分の帳簿は付けるので、ゆっくりできるはずです。体調面が予断を許さないので、多分ですけどね。

また、去年は、金の動きは激しかったものの、クレカにしても、全て1回払いで清算しているため、計算が合わない! ということもないはずです。

しかし、話は少し戻りますが、365日、というのは、この歳だからこそ思うのかも知れませんが、意外と短いですね。もし、1年が1,000日ある、とかなら、「長い」と思うでしょうけど、なんか、いかに日々、比較的に暇を持てあましていようとも、今年もすぐに終わりそうな気がします。淡々と、最小限度のやるべき事さえやってれば、1日は早く、ほんの7回で1週間、それが4回積み重なれば、1ヶ月であり、さらにそれを12回繰り返せば、1年なんですから。確かに、僕個人のレベルでも、その間に色々イベントはありますけどね。

さあ、今日も一日、おとなしく息を殺して過ごしましょう。

んじゃ、午前はこの辺で。

応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへ
にほんブログ村

エッセイ・随筆ランキング

コメント

error: 警告: コンテンツの選択はできません!
タイトルとURLをコピーしました