薬価の基準がよく分からない。(日記)

日記
この記事は約2分で読めます。

通りすがりの整形外科に、『詰問診療』と貼り出してあったので、「どんなのだ!?」と思ったら、『訪問診療』でした(挨拶)。

と、いうわけで、フジカワです。さすがの僕でも、離人感が酷いだけで、見えない誰かとの会話などはしてません。皆様いかがお過ごしでしょうか。

さて。今日は定例の精神科通院日でした。朝がかなり早く起きられたので、いつもより2本早いバスに乗って医者へ。玄関を見ると、1人待ちかそこらで、ラッキー、かと思いきや、人が受付前にちょっと(大きい方の)トイレに立った隙に、人数が5人待ちになりました。待ってる間にもどんどん人は増えて、もしいつも通りのバスで行っていたなら、相当待っていた事でしょう。

結局、30分程待ちで呼ばれました。最近頭痛が頻繁にある事を告げて、ロキソニン(の、ジェネリック)を処方してもらえないか聞いてみたところ、あっさりOKが出ました。10回分もありゃあ、当分持つでしょう。

で。不思議だったのが、調剤薬局での会計。いつもの薬2週間分プラス、ロキソニン10錠ですから、上がると思うじゃないですか? ところが、金額は1,180円。普段より20円安いというミラクル。思い当たる節があるとするならば、毎朝飲んでるレキサルティが、なぜか家に1錠余っていたので、今回の処方を13日分にしてもらったぐらいです。

うーん? と思って、レキサルティの薬価を調べてみたら、えらく高いじゃないですか。ならば、ほんの1錠減っただけでも、お安くなるのは分かりました。まあねー、レキサルティ自体、かなり新しい薬ですからねー。当然、ジェネリックは存在しません。何はともあれ、ヤフオクの売上をチャージしておいた、PayPayで決済して終了。

帰宅は11時頃。IP6のサプリを飲んでから、しばらく待って、ありものを適当に胃に詰め込んで、昼飯も終了。さあ、後はどうするか? やるべき事が特にないというか、あってもやる気が起きないのは、いつも通りっちゃそうです。恒例ですが、今日もおとなしくしときます。

んじゃ、昼間はこの辺で。

応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ アラフィフオヤジへ
にほんブログ村

エッセイ・随筆ランキング

コメント

error: 警告: コンテンツの選択はできません!
タイトルとURLをコピーしました