喪明け後のクレカ選びをどうするか?(色々)(日記)

日記
この記事は約3分で読めます。

長寝したなあという感じなんですが、起きてみたら午前7時台だったときの、何かにバカされているような感覚について(挨拶)。

と、いうわけで、フジカワです。今朝の薬を飲もうとしていたとき、手のひらに出したレキサルティが床に落ち、どこへ落ちたのか探すのに地味に手間を食った土曜日、皆様いかがお過ごしでしょうか。

さて。タイトルの話なんですが、今日はクレカのネタを。何度か書いているとおり、信用情報機関のCICにおいて、僕の異動情報が消える(ブラックでなくなる)のは、今月いっぱいです。一応、昨日も書いたとおり、来月になったら(本当に消えてるかどうか)もう一度情報開示請求をしてみますが。

んで。ふと重要なことを思い出しました。今現在、VISAかMasterCardが欲しいわけですが、当初、喪明け後のクレカはオリコカードにするつもりでした。が、よーく考えてみると、東京在住時、住んでたアパートの家賃を支払う際、その保証会社がオリコだったはず。在住末期は仕事を干され、家賃の支払いもままならず、記憶が定かなら、何度か延滞してたはずです。

つまりは、自己破産時の債権にこそ入っていないものの、オリコの社内に、僕のネガティブ情報が残ってる=社内ブラックになってる可能性が高いわけで。こうなってくると、いかに喪が明けようが、オリコに申し込んでも可決される可能性が低いように思われます。

さあ困った。メガバンク系列(三菱UFJニコスと、SMBCコンシューマーファイナンス)は、債権に入ってましたから、もう無理。ポケットカードも無理。となると、ものっそい限られてきます。ライフカードは(三菱UFJ系列の)アイフルに吸収されたという話ですから、不安要素が拭えない。YJカードは、クチコミが最悪なので怖くて申し込めない。

楽天カードのブランド変更が一番無難な気もしますが、色々調べてみると、どのみちいったん解約の上、新規申し込み扱いになるので、再審査で絶対に通る保証はないとのこと。意見が真っ二つなんですが、危ない橋は渡りたくない。

となると、残されたのはエポスカードぐらいなものです。百貨店のマルイが発行してるカードですね。産まれてこの方、マルイなんてぇシャレオツな店には行ったことがないので、あんまり恩恵はないような気もするんですが、唯一、ホビーショップの「駿河屋」と提携しているエポスカードが、かろうじて役に立ってくれそうです。駿河屋は、(主に在庫切れor絶版の)エロマンガを買うのに、たまに使いますし。

さらに、流通系のカードですから、「一般的に」オリコ等の信販系カードよりは審査が緩いと「言われています」。当然のことながら、どこのカード会社であれ、審査基準を公にしているところはないので、「情報を総合すると」というレベルです。

(自分の収入がない)専業主婦でも作れるという触れ込みではありますが、実際の所はまるっきり分かりません。これはまあ、どこに申し込もうと同じでしょうけど。一応いい方向に考えるなら、来月になって喪が明ければ、異動情報は全部消えて、2枚のカードの健全なクレヒスが1年以上積み重なってるので、そこまで悲観したものでもない「かも」知れません。「100%」というのは、どこであろうとないものです。

まあまずは、来月をおとなしく待つことですね。話はそれからです。

んじゃまた。

応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ アラフィフオヤジへ
にほんブログ村

エッセイ・随筆ランキング

コメント

error: 警告: コンテンツの選択はできません!
タイトルとURLをコピーしました