今日は定例の精神科の通院日。マイナポイント事業還元分でゴッチャンシ。(日記)

日記
この記事は約3分で読めます。

当然過度には禁物ですけど、自分の書いた物には少々自惚れるぐらいでちょうどだとは思うと言う持論について(挨拶)。

と、いうわけで、フジカワです。自分で泣きながら(小説を)書く程度には思い入れで生きているなあ、と、やはりそれでいいのか? と自問自答する水曜日、皆様いかがお過ごしでしょうか。

さて。今朝は精神科の通院日でした。先生には「後ろの何か」の気配について相談したんですが、思案をされた割には薬は現状維持でした。

その後、調剤薬局にて。順番待ちとかはもうどうでもよくて、お会計はここぞの楽天ペイで。ポイントを優先して使う設定にしている上、そのポイント自体が6,000ポイントちょいあります。2週間の薬代1,200円ぐらい、何の問題もないわけで、実質ロハであり、マイナポイント事業様々でありゴッチャンシ。

帰ってきてからは、(強制的に)庭師にジョブチェンジさせられたりしたんですが、病人をいいようにこき使うだけならまだしも、個人的に超苦手な作業(高所での木の伐採)を平然とやらせる親は、控えめに言っても鬼だと思いました。

で。話はやはり小説の件に戻るんですけど、今日は微修正に留めて、書き進めてはいません。なんせ疲れてるので。今は、電撃文庫フォーマットにして64枚とちょっと。話は2つめの山場を越えて、いよいよ終盤へ。

もう2つほど山がある予定なんですが、書いてみないことには何とも言えないのが、なんかね。行き当たりばったりで生きてる僕の人生を象徴してますよね。

ただし、現時点でほぼ確信しているのですが、ケツまで書けば80枚は超えるでしょう。後16枚ですし。明日明後日でどこまで書けるか? かなと。土曜日は内科の日なので、書けないと思った方がいいと思います。

いやまあ「努力目標」が今年中、というだけの話であり、上がったとしても所詮初稿ですから、熟成期間は必要です。

とは言え「宿題」を抱えて年を越すのと、(いかに初稿であれど)区切りが着いてスッキリした状態で新年を迎えるのは、かなり違うと思います。焦ると大抵自爆しますが。

話は枕に戻るんですけど、今作のヒロインは一際可愛く書けたんじゃ無かろうか? と、自画自賛してます。なんせ、彼女に感情移入しすぎて、書いてる僕が泣くぐらいですし。

前回の応募作品でも、(ヒロインは)精一杯可愛く書いたつもりではありますが、今回には恐らく及ばんのでは? とか思ってます。まあ多分一番の理由は、「ヒロインの性格がエロい」ことだと思うんですけどね? はっはっは(開き直った笑い)。

いや、一応は元エロゲライターとして、全年齢向けのラノベを書いてて、語弊がありますが明らかに楽なところがあるんですよ。それは、「濡れ場を詳細に描写する必要がない」こと。

以前はそれに命賭けてたんですけど、その能力が失われた今、かえってホッとしてます。ほんの1行、行っても3~5行で端的に明示しておけばいいんですからね。後は、メインターゲット層である中高生の、思春期特有とも言える無限大の妄想力に任せりゃいいんです。若いっていいなあ(遠い目)。

とか言いつつ、僕本人も書きながらちょいと「おっきおっき」してるんですけどね? 処置なしかと。

んじゃまあ、今日はこの辺で。

応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ アラフィフオヤジへ
にほんブログ村

エッセイ・随筆ランキング

コメント

error: 警告: コンテンツの選択はできません!
タイトルとURLをコピーしました