一人暮らし時代に使っていた、石油ファンヒーターが壊れた。(日記)

日記
この記事は約2分で読めます。

一度でいいから「大豆を使った人工肉」を食ってみたいなあ、と思ったら、ドトールのメニューにあったので、近いうちに突撃しようと思いました(挨拶)。

と、いうわけで、フジカワです。最近の睡眠時間が短いのは「ブプロンSR」のせいなのか、歳を食ったせいなのかがイマイチはっきりしない三が日最終の日曜日、皆様いかがお過ごしでしょうか。

さて。外は真冬なわけで、特に起き抜けなんかは、相当寒いわけですよ。自分の部屋に行ったら即座にエアコンの暖房を点けるんですが、イマイチ効きが悪い気が。

ならばと思い、押し入れの中から、僕が独り暮らし時代にずーっと使ってた石油ファンヒーターを引っ張り出してきました。灯油を入れて、スイッチを入れると! エラーコードが出て、着火しない!

一応、検索して調べて、思い切った分解メンテもやってみたんですが、改善せず。イコール、ご臨終という奴です。

まあね、22年前の名古屋在住時から使ってた奴ですからね。おかしくなろうが、逝っていようが、全然不思議じゃないわけで。耐久消費財と思って割り切れば、大騒ぎするほどのものでもないです。

困ることがあるとすれば、「新しいのが欲しい」と思えども、親には請求しづらいですし、自腹で買うカネもない。調べてみると、この辺が売れ筋のようです。

バカ高くはないですけど、やっぱりためらいが残ります。親に言ったところで、「着るモノで調節しろ」といわれるだろうのは、目に見えてますし。おまけに、今は在庫があまりないらしく、仮に今日注文しても、今月中旬以降の配達になると。

もっとも(書きながら考えていて)Amazonにこだわらなかったら、選択肢はまだあるんですけどね。ヨドバシドットコムとか。

まあまあ、一応親には言うだけ言って、結果的にはフリースの上にセーターを羽織るという、着ぶくれダルマになるしかないようです。冬ですね。

んじゃまた。

応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ アラフィフオヤジへ
にほんブログ村

エッセイ・随筆ランキング

コメント

error: 警告: コンテンツの選択はできません!
タイトルとURLをコピーしました