元・エロゲシナリオ屋のブログもどきですよ?

中華の力は、最近侮れない。

どうも。フジカワです。今日は朝から腹具合が悪いので、もしかすると、風邪を引いた疑惑が出てきましたが、シャグの味はまだ美味しいので、それほど深刻ではないと思っています。皆様いかがお過ごしでしょうか。

さて。少し前に、サブマシンがいかれた話を書きました。んで、代わりの品物が必要になってきたのですが、当初は、普通のノートパソコンを買いたいな、と思っていました。しかし、それなりのスペックを求めた場合、ネックになるのが、当然のごとく、お値段。当初「これぐらいかな?」と思っていた、Lenovoの14インチノートは、税込みで、60,329円。それだけでも結構リーズナブルなうちに入りますが、ケチな僕としては、もう一声欲しい。

んで、少し前の話になるのですが、一晩掛けて、相当調べた結果、『中華タブレット』という答えにたどり着きました。高性能なタブレットPCとしては、Microsoft製の、『Surface』シリーズがありますが、純正品がバカ高いのは当然。しかし、世の中、『Surfaceクローン』と総称される、まあぶっちゃければ、スペック的にも、外観的にも、限りなく模倣したパチ物、というのがあるんですね。

でもって、検索に検索を重ねた結果、中国の『teclast』社というところが、CPUは、『core M3』、それに、8GBのRAM、256GBのSSDで、インターフェイス類も全部入りの、Surfaceクローンタブレットを出していました。当然、海外の通販サイトから買わなくてはならないのですが、そのサイトは日本への発送も対応しており、お値段は、今月20日までのセール特価で、50,626円。仮にセール特価が終わっても、59,431円。そのショップでは、頻繁にクーポンを配布しているので、多分ちょっとは安く買えるはず。

ただまあ、唯一にして最大のデメリットは、『メーカー保証がない』事でしょうね。一応、ショップ側で、2週間の初期不良対応は付いてますが、いざという時に、最悪の場合、文鎮化するリスクもあるわけです。一応、国内でも、(当然有償で)修理をしてくれるところはあるみたいですけどね。

いずれにせよ、『パソコン類は全て、消耗品である』ということを、しっかり再認識しておく必要があると思いました。

んじゃまた。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


自己紹介

1974年5月8日生まれの45歳。40歳の頃まで、アダルトゲームのシナリオライターをやっておりましたが、少し前に、精神障害者2級の障害者手帳を交付されたのを機に、スッパリと廃業。今は、好きな物を好きな時に書く、気ままな、寄生虫のような生活を送っております。

このブログについて。

ホームページ本館はこちら。

バナー

Amazon『恵んでほしい物リスト』。

最近のコメント

    WEB拍手一覧

    僕へのメールはこちらから。

    既刊同人誌(日記)

    既刊同人誌(詩集)

    既刊同人誌(小説)

    アクセス統計

    • 29現在の記事:
    • 21720総閲覧数:
    • 61今日の閲覧数:
    • 82昨日の閲覧数:
    • 709先週の閲覧数:
    • 1496月別閲覧数:
    • 11190総訪問者数:
    • 16今日の訪問者数:
    • 64昨日の訪問者数:
    • 523先週の訪問者数:
    • 1135月別訪問者数:
    • 72一日あたりの訪問者数:
    • 0現在オンライン中の人数:
    • 2019年5月5日2019-05-05:

    にほんブログ村ランキング

    RSS 『自称』詩人のチラシの裏。

    Translate »