元・エロゲシナリオ屋のブログもどきですよ?

幻冬舎 VS 文芸社 VS 風詠社。(自費出版の話)(日記)

一晩でスパムメールが50通来たときの顔してます(挨拶)。

と、いうわけで、フジカワです。『夢の中で夢を見る』という、割と器用なことをやらかして、結果的に、やっぱり寝覚めは最悪である、ステキな金曜日。皆様いかがお過ごしでしょうか。

さて。今朝も朝から大変ぐったりしているわけですが、やはり、それだったらそれで、悪いなりになんとか過ごさねばならんのが、地味に大変なんですけれども、まあそれはおいといて、タイトルの話を。

もしかしたら、皆様の中にもいらっしゃるかも知れませんが、『自分の本を出す(=書店に並べる)』というのは、表現する者にとっては、割と大きな共通の夢だと思うんですよ。もし僕にもうちょっとスキルがあって、ラノベデビューできていたなら、別にそれは難しくないのですが、そもそもが無理です。

となると、自費出版しかないのですが、僕は、選択肢を3つ知っています。『幻冬舎ルネッサンス新社』か、『文芸社』か、『風詠社』か。結論から述べます。コストの面で並べると、『幻冬舎>文芸社>>>>風詠社』です。

ただ単に『本を作る』だけなら、風詠社が一番安いのですが、本は、書店に並んで、お客さんの目に留まらなければ、意味がありません。風詠社は、そこの戦略が、ちょっと弱いです。

一度、風詠社に電話で聞いてみたのですが、もし、紙とインクにこだわらず、電子書籍のみの出版と展開であるならば、費用は20万円もかからないそうです。しかしながら、世に数多ある電子書籍のストアに、あまねく配信されるわけではありません。Amazonにすら、並ぶ保証はないとのこと。失礼ながら、それだとほとんど意味はありません。

文芸社の方は、名は通っていても、あそこは半分詐欺みたいなもんです。なんせ、手口として、まずは自前のコンテストを『公募ガイド』等で募集して、その後、落選した人間(そもそも、入選者がいるのかどうかも分からない)に対して、個別に直接電話を掛けてきて、『他に原稿があれば見せてくれ』と言ってきます。んで、その通りに浮かれて送ると、褒め殺しの講評とともに、300万円ぐらいの見積もりを、しれっと出してくると言う。

しかも、仮にその金銭を払って、文芸社で自費出版しても、(当時送られてきた資料を読む限り)『どうやって、いかに広く売ってくれるか?』の戦略的要素が、ゴソッと抜けてます。

そこを補うのが、幻冬舎です。少し前に、やっとの事で、費用も記載された資料のPDFが届いたのですが、全体的に、相当高いです。文芸社よりも高い。仮に電子書籍のみの展開だとしても、これも幻冬舎に電話で聞いたのですが、150万円(税別)かかるとのこと。

ただし、資料をつぶさに読んだ限りでは、『いったん作ったら、どう全国の書店に展開するか?』というのが、はっきりと書かれておりました。電子書籍にせよ、フォーマットを問わず、日本国内の、ほぼ全ての電子書籍のストアに配信するとのこと。この辺、腐っても幻冬舎だなと思いました。

ただし、少なくとも今の僕には、そんな資金はありません。ある程度長いスパンで見て、じっくり金策を考える必要があります。宝くじにでも当たれば話は別なんですが、そんなもんは、アテにするだけ無駄の極みと言うよりむしろ、滑稽です。

じゃあ、永遠の見果てぬ夢なのか? と問われれば、一応僕は僕なりに、何とかならんもんかと、必死に考えてはいるのですが、物事というのは、全てに於いて、そうそう思い通りに行きません。もし万事が個々人の思い通りに行くならば、なぜ、年間万単位で、日本に自殺者がいるのかって話ですよ。

このエントリを書いた理由は、単に、自費出版をしたいな、と思っていらっしゃる方々に、実際に僕が、各社から資料を取り寄せてみて、その現実をお伝えしたいと思ったからです。

繰り返しになりますが、『作るだけ』なら、風詠社が一番安上がりです。ただし、『広く売る』事を視野に入れると、幻冬舎がいいでしょう。十分な資金がある方は、検討してみてはいかがでしょうか? あ、文芸社は相手にしない方がいいです。

んじゃ、昼間はこの辺で。

応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへ
にほんブログ村

エッセイ・随筆ランキング

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


自己紹介

P.N.:不二川巴人(ふじかわ・ともひと)

1974年5月8日生まれの46歳。兵庫県伊丹市生まれ・現在住。40歳の頃まで、アダルトゲームのシナリオライターをやっておりましたが、少し前に、精神障害者2級の障害者手帳を交付されたのを機に、スッパリと廃業。今は、好きな物を好きな時に書く、気ままな、寄生虫のような生活を送っております。

カレンダー

2020年8月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31 

恵んでほしい物リスト

QRコード

最近のコメント

    WEB拍手一覧

    平常運転と言えばそうだけど、やっぱなんか納得行かない。(日記)が拍手されました!
    (2020年4月9日 19:49:277:49 午後)
    確定申告終了の巻。あと、PC関連の話をもう少し。(日記)が拍手されました!
    (2020年2月17日 20:33:598:33 午後)
    幸せは370円で買える。あと、機能追加の件。が拍手されました!
    (2019年6月2日 00:55:0412:55 午前)

    アクセス統計

    • 39現在の記事:
    • 65794総閲覧数:
    • 152今日の閲覧数:
    • 317昨日の閲覧数:
    • 1279先週の閲覧数:
    • 1911月別閲覧数:
    • 40760総訪問者数:
    • 112今日の訪問者数:
    • 212昨日の訪問者数:
    • 844先週の訪問者数:
    • 1212月別訪問者数:
    • 105一日あたりの訪問者数:
    • 0現在オンライン中の人数:
    • 2019年5月5日 00:00:002019-05-05:

    既刊同人誌(日記)

    フジカワさん日記 2018年3月フジカワさん日記 2018年4月

    フジカワさん日記 2018年1月フジカワさん日記 2018年2月

    フジカワさん日記 2017年11月フジカワさん日記 2017年12月

    フジカワさん日記 2017年9月フジカワさん日記 2017年10月

    既刊同人誌(詩集)

    小馬鹿にされて、春。

    夏のショウタイム秋のあくび

    方向音痴

    時代遅れ生きている街

    ある矛盾等しく、春は。

    前略、底なし沼よりいちぬけた

    砦の前で行き先のない道標

    既刊同人誌(小説)

    半径二メートルの青春

    春の雪シャカリキめいでい!

    花見酒初級立ちション講座

     

    にほんブログ村ランキング

    RSS 『自称』詩人のチラシの裏。