元・エロゲシナリオ屋のブログもどきですよ?

僕自身で混乱を来すの巻。(懸賞小説の話)(日記)

ほんまにもう、「俺は盛りの付いた犬か猫か!?」としか思えなくってねえ……(挨拶)

と、いうわけで、フジカワです。「爽やかな目覚め」というのが、もはや無い物ねだりにしかなってないという、恨めしいを通り越して、なんか妙に悟ったように感じる日曜日、皆様いかがお過ごしでしょうか。

さて。タイトルの話なんですが、懸賞ラノベを書くよ! と、昨日言いました。その時点で、プロローグ部分の19枚ぐらいは書けていたのですが、昨日は、昼間が妙にテンションが低く、「あー、こりゃ(進めるのは)無理かなー」と思ってたんですよ。別に締め切りまでは十分あるし、焦らなくていいよねー、あーだりー、と、諦めてたんです。

が! 夕食も終わって、夜も更けた頃になって、急激に毒電波アンテナがゆんゆんと冴え渡るではありませんか! 月の裏側にあるクレーターからの電波ですよ。よく知りませんけど。結果、『憑・依・完・了!』で、ずどどどどっ! と筆が進み、区切りが付いた、と思ったら、原稿用紙換算で、52枚とちょっとの地点まで進んでました。

52-19=32、ですから、3時間ほどで、それだけ書いたという。ストーリー的にもそろそろ中盤かな? というあたりで、基本は秀丸エディタで書いてるんですけれども、規定枚数のチェック用に、一太郎で(応募先が指定する)文字数と行数の文書スタイルを作って、そこにコピペ。すると、(その体裁で)最低50ページ必要とあったんですが、現時点で、21ページ強。厳密にはまだですけど、おおむね半分書いたことになります。

んで。これはなにがしかを書く際に、毎回思うんですけど、いかにプロットに沿って書いても、ある程度は絶対に逸脱するんですよね。あるいは、短くまとめるつもりが、思いの外長くなるとか。今回もそのパターンで、恐らくかなりの確率で、規定枚数の最低ラインは、思っているよりたやすく突破できるんじゃなかろうかと。予想でしかないんですけどね。

ただし、今回一番気を付けているのは、以前のように『必要な描写以外、無駄に冗長にしないこと』ですので、初稿を上げるまで、やっぱり分からんわけですが、四の五の言わずに、まずやれや、って話なわけで。

ところで、その目標としている懸賞の応募方法ですが、10年以上も経てば、様変わりするもんですね。もはや、逐一紙で印刷する必要はなく、ベタテキストファイルを応募ページからアップロードするのみという。逆に、『紙での応募はできません』と書いてありました。レターパックを買うカネが浮きますし、一瞬で届きますから、便利と言えばそうです。

ただ、これは僕の経験上の話として、絶対1回は、紙に印刷して推敲した方がいいです。終始データのみだと、まず間違いなく、どっかに誤脱等がありますから。理想は、紙に印刷した後、しばらく寝かせて、落ち着いた状態で読み返してみて、本当に納得がいった時点で応募するべきでしょう。

で。今日はまだ、(これを書いてる時点では)頭が寝ぼけているので、すぐに続きを書く気はないんですけども、どうなるかは、僕自身で全く予測が不可能という。憑依型ライターですので。はい。

んじゃ、昼間はこの辺で。

応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ アラフィフオヤジへ
にほんブログ村

エッセイ・随筆ランキング

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


自己紹介

P.N.:不二川巴人(ふじかわ・ともひと)

1974年5月8日生まれの46歳。兵庫県伊丹市生まれ・現在住。40歳の頃まで、アダルトゲームのシナリオライターをやっておりましたが、少し前に、精神障害者2級の障害者手帳を交付されたのを機に、スッパリと廃業。今は、好きな物を好きな時に書く、気ままな、寄生虫のような生活を送っております。

カレンダー

2020年8月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31 

恵んでほしい物リスト

QRコード

最近のコメント

    WEB拍手一覧

    平常運転と言えばそうだけど、やっぱなんか納得行かない。(日記)が拍手されました!
    (2020年4月9日 19:49:277:49 午後)
    確定申告終了の巻。あと、PC関連の話をもう少し。(日記)が拍手されました!
    (2020年2月17日 20:33:598:33 午後)
    幸せは370円で買える。あと、機能追加の件。が拍手されました!
    (2019年6月2日 00:55:0412:55 午前)

    アクセス統計

    • 18現在の記事:
    • 64587総閲覧数:
    • 72今日の閲覧数:
    • 215昨日の閲覧数:
    • 1100先週の閲覧数:
    • 704月別閲覧数:
    • 39965総訪問者数:
    • 49今日の訪問者数:
    • 104昨日の訪問者数:
    • 690先週の訪問者数:
    • 417月別訪問者数:
    • 92一日あたりの訪問者数:
    • 0現在オンライン中の人数:
    • 2019年5月5日 00:00:002019-05-05:

    既刊同人誌(日記)

    フジカワさん日記 2018年3月フジカワさん日記 2018年4月

    フジカワさん日記 2018年1月フジカワさん日記 2018年2月

    フジカワさん日記 2017年11月フジカワさん日記 2017年12月

    フジカワさん日記 2017年9月フジカワさん日記 2017年10月

    既刊同人誌(詩集)

    小馬鹿にされて、春。

    夏のショウタイム秋のあくび

    方向音痴

    時代遅れ生きている街

    ある矛盾等しく、春は。

    前略、底なし沼よりいちぬけた

    砦の前で行き先のない道標

    既刊同人誌(小説)

    半径二メートルの青春

    春の雪シャカリキめいでい!

    花見酒初級立ちション講座

     

    にほんブログ村ランキング

    RSS 『自称』詩人のチラシの裏。