嗚呼、45歳。あと、毛の話。

日記
この記事は約2分で読めます。

どうも。フジカワです。昨日は重労働をしたせいか、今朝は予定より長く寝てしまったのですが、完全に疲れが抜けておらず、いかんともしがたい年齢を感じております。皆様いかがお過ごしでしょうか。

今日のタスクは、まず何よりも、ヤフオクで落札された商品の発送。規格外の定形外郵便なので、どうしても郵便局の窓口へ行かねばならなかったため、さっさと済ませて、発送連絡をして、以上。ちょっと話をわき道へ行かせると、僕の家の周辺には、徒歩4分の所に、郵便局と、クロネコの営業所と、ファミリーマートがあり、徒歩6分ほどの所に、ローソンがあります。なので、オークションやフリマの発送作業には、非常に便利という。

話を戻して、タイトルの件。僕の裸身を見たことがある人、というのは、いかにリアル僕と面識がある方でも、ほぼいないと思いますが、夏場になると、地味に悩むのが、Tシャツ選びです。なぜか? たとえ頭髪が順調に禿げて行ってても、僕は、ものすごく体毛が濃いのです。胸毛フッサールなのです。なので、Vネックのシャツを着ると、胸元から、毛が「こんにちは!」するのです。

当然、過去、脱毛クリームを試したり、剃ってみたりした事はあります。しかし、対策すると余計に濃くなると言う有様で、放置せざるを得ないという。なお、思いあまって、以前、巷の脱毛サロンに行ってみようと思ったのですが、カウンセリング以前に、僕が糖尿病であることを告げると、レーザー脱毛との相性が悪いとかなんとかの理由で、さっくり断られました。

銭湯ならまだしも、海やプールへは、もちろん病気のせいもありますが、この悩みのせいで、もう相当長らく行ってません。もう一つ余談ですが、いかに僕が、極度の運動音痴でも、『泳ぐ』ことだけはできます。なんせ、5歳の時から20歳の頃まで、スイミングスクールに通っていたので。まあ、『一応泳げる』だけで、『速く泳ぐ』ことはできませんが。

午後になれば、昨日、大伐採した木々を、『ゴミとして出せるように細かくする』作業が控えています。死ぬる程面倒くさいですが、僕に一切の拒否権はないので以下略。

んじゃまた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました