「何もするべきではない(休まなければならない)」のに、「何かせねばならない」と思ってしまう悲しさとか。(日記)

夜ふかしのイメージ日記
この記事は約3分で読めます。

言えない。昨日の夜、たまたまAmazonプライム・ビデオで「からくりサーカス」のアニメがあったのを見つけてしまったので、一気観して完走した頃には午前3時で、異様な興奮状態で眠剤を飲んで慌てて寝たら、今朝起きたのが11時半だったなんて言えない(挨拶)。

と、いうわけで、フジカワです。その「からくりサーカス」のアニメ、当然原作も履修済みなんですが、アニメになったらなったで、文字通り目が離せないほどの面白さで、原作とはまた(構成上の都合の他、演出、エピソード的にも)少し違っていたりするのがまた小憎らしいのと、結局の所は「林原めぐみ無双」な作品だった(それが悪いとは一言も言っていない)なあ、と言うか、しろがね(エレオノール)の可愛さは「おっき」ものだよなあ(47歳のセリフ)、とか思う日曜日、皆様いかがお過ごしでしょうか。

さて。日曜日です。また明日から、5日間の戦いが始まります。22日の金曜日で、きっかり勤続半年。すなわち、何度か触れております通り、有給休暇が貰えることになるのであり、その22日さえ過ぎれば、その次の月曜日(25日)は給料日であり、27日は早速有給を使うぜ! という段取りでございます。

で。枕で申し上げました通り、昨日の夜は半徹に近しい状態でしたので、今日の疲労は相当なものでした。ただし、幸いにも、細々した家事の他に、これと言ってやることはなく、まあせいぜいが、n回目の小説の微調整程度でした。

ただし、我ながら「なんだかなあ」と思うのが、働き始める前まではどうってことのなかった「何もない時間」というのが、今やどうにも、まさしく据わりが悪いんですよ。確かに、疲れているので休息すべきなんですが、例えば寝室で(眠れなくても)横になってて、「ええの?」とか思うんですよ。「何か」に追い立てられる気が。

いやまあ、そんな事を言ってちゃ、明日に備えての心身が回復しませんから、やや強引にでもスイッチをオフにすべきなんでしょうけど、それこそ機械(と書いて、からくり)じゃねぇんですし、そこまで器用に振る舞えたなら、だーれも苦労しないよね? って話でもあります。

まあ、なんですか。まず、小説の件については、少なくとも今月いっぱいは最後の推敲をやって、来月になったら応募しようかな? というのが、「今の」予定です。

昨夜「からくりサーカス」を観終わった後、(安直にインスパイアされて)また大幅に改稿したい衝動に駆られたんですけど、そうすると、絶対ぐちゃぐちゃになって収集がつかなくなって、締切をオーバーするだけならまだしも、まとめ上げる自信はない、と確信できたので、それはそれで。

幸いなのが、今このエントリを書いている現在、明日の仕込み(朝食のオートミールの準備、会社へ持参するスポーツドリンクの用意等)も済ませ、歯磨きも眠剤一式も飲み終えて、あとは寝るだけ、という状況であることです。

これと言って何もなかった日、ではあるんですが、なんか「もったいない」と思ってしまうのは、貧乏性だからでしょうか。何を成すにも、まずは体力あってこそですから、(昨夜の疲れが、今まだあるからこそ)とりあえずは休んで、少しでも回復に努めるべきなのは、当然なんですけどね。

アレだ。来週のことはまたその時に考えることにして、一気に涼しくなってきたことですし、寒さ対策をしっかりやって、今晩はもう寝ます。

んじゃまた。

応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ アラフィフオヤジへ
にほんブログ村

エッセイ・随筆ランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました