元・エロゲシナリオ屋のブログもどきですよ?

納豆パックの『パキッとたれ』は、おおむね優秀だと思うという話。

あまり間を置いてませんが、フジカワです。さっきの更新後、ヤニを何本か補充したら、少しは落ち着いたので、本来書きたかった話を書こうかと。

皆さんは、納豆がお好きですか? 僕は、生粋の関西人ですが、大好物です。

んで、大概の納豆パックには、『納豆のタレ』が付いてきます。ちょっと話は飛ぶようですが、僕は、『便利さを求めること』とは、『ズボラになりたがっている』のと、ほぼ同義だと思っています。

なぜか? 納豆のメーカー各社は、消費者からの要望なのか、『いかに楽にタレの袋を開封させるか』に腐心しているからです。一時は、タレそのものをゲル状に固めて、箸でつまんで混ぜるだけ、という商品もありましたが、あまり評判が良くなかったのか、すぐにフェードアウトしました。

そこで、颯爽と登場したのが、『パキッとたれ』です。そう。タレの封入されたフタを、『パキッ』と割って、納豆に流し込む物です。

僕は、あれほど、敢えて言えば『理に適った』、『発明』もないと思います。実際便利なのはもちろんとして、これは僕の持論かつ、あの『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない』の序盤でも、承太郎が、仗助に言った台詞ですが、人というのは、多かれ少なかれ、心に『破壊衝動』を持っているものです。常に何かを破壊して生きているようなもんです。

今はもう売ってないようですが、少し前まで、空手の『試割り(しわり)』を手軽に体験できる、『しわりん』というおもちゃも売られていました。このように、人というのは、『何かを壊す』事に、快感を見いだすイキモノです。

そこで、話は戻って、『パキッとたれ』ですよ。フタを『割る』という『破壊行為』で、かすかな満足感が得られる上、実際問題として、楽ちんです。つくづく、考えた人は偉いと思います。

ただし、唯一僕が不満なのは、『パキッとたれ』の納豆には、カラシが付いてないことです。僕は、納豆には、カラシをたっぷり入れて食べる人間なので、わざわざ、チューブのカラシを冷蔵庫から出すのが面倒くさいです。まあそれぐらい、大した手間ではありませんけどね。

余談ですが、納豆にネギを刻むと美味いのは、筋肉少女帯が『日本の米』という曲の中でシャウトしてますが、実際その通りです。世の中には、ネギを、蛇蝎のごとく嫌う人間がいますが、そんな人が見たら、裸足で逃げ出すぐらいに、たっぷりと入れるのが、僕流です。ない時は我慢しますけどね。後、そこに生卵を混ぜても美味しいですよ。それを、熱い白ご飯にぶっかけて食うと、なおグッドです。

以上、『パキッとたれ』を考えた人には、ノーベル納豆賞でも贈りたい気分です。そんなのはありません。当然。

んじゃまた。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


自己紹介

P.N.:不二川巴人(ふじかわ・ともひと)

1974年5月8日生まれの46歳。兵庫県伊丹市生まれ・現在住。40歳の頃まで、アダルトゲームのシナリオライターをやっておりましたが、少し前に、精神障害者2級の障害者手帳を交付されたのを機に、スッパリと廃業。今は、好きな物を好きな時に書く、気ままな、寄生虫のような生活を送っております。

ホームページ本館はこちら。

バナー

カレンダー

2020年6月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930 

恵んでほしい物リスト

QRコード

最近のコメント

    WEB拍手一覧

    平常運転と言えばそうだけど、やっぱなんか納得行かない。(日記)が拍手されました!
    (2020年4月9日 19:49:277:49 午後)
    確定申告終了の巻。あと、PC関連の話をもう少し。(日記)が拍手されました!
    (2020年2月17日 20:33:598:33 午後)
    幸せは370円で買える。あと、機能追加の件。が拍手されました!
    (2019年6月2日 00:55:0412:55 午前)

    アクセス統計

    • 323現在の記事:
    • 52292総閲覧数:
    • 8今日の閲覧数:
    • 160昨日の閲覧数:
    • 1138先週の閲覧数:
    • 306月別閲覧数:
    • 33827総訪問者数:
    • 8今日の訪問者数:
    • 119昨日の訪問者数:
    • 824先週の訪問者数:
    • 230月別訪問者数:
    • 117一日あたりの訪問者数:
    • 0現在オンライン中の人数:
    • 2019年5月5日 00:00:002019-05-05:

    既刊同人誌(日記)

    フジカワさん日記 2018年3月フジカワさん日記 2018年4月

    フジカワさん日記 2018年1月フジカワさん日記 2018年2月

    フジカワさん日記 2017年11月フジカワさん日記 2017年12月

    フジカワさん日記 2017年9月フジカワさん日記 2017年10月

    既刊同人誌(詩集)

    小馬鹿にされて、春。

    夏のショウタイム秋のあくび

    方向音痴

    時代遅れ生きている街

    ある矛盾等しく、春は。

    前略、底なし沼よりいちぬけた

    砦の前で行き先のない道標

    既刊同人誌(小説)

    半径二メートルの青春

    春の雪シャカリキめいでい!

    花見酒初級立ちション講座

     

    にほんブログ村ランキング

    RSS 『自称』詩人のチラシの裏。

    Translate »