元・エロゲシナリオ屋のブログもどきですよ?

あの往年の名曲に、またしても野暮なツッコミを入れてみる。

どうも。フジカワです。今日から6月。まあ好きな人はあまりいないと思いますが、僕も、梅雨の季節が嫌いなので、これから約1ヶ月半、ジメジメした日が続くのかと思うと、今から憂鬱ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

さて。昨日の夜の話です。風呂にまったり浸かっていて、またしても、ある、誰もが知る超有名歌謡曲に、ツッコミを入れたくなりました。

曲は、山本リンダの『狙いうち』。ウララーウララーはどうでもいいとして、あの歌を、僕が一言でまとめるならば、『自己中心的、かつ、金の亡者な女の、傍若無人さを歌った歌』です。

なぜか? 歌の主人公である『私』は、『今に乗るわ玉の輿』と言ってます。つまり、男を『カネ』という一面でしか見てないわけです。男からすれば、そんな失礼な話もないでしょう。

また、『私』は、己の美貌にも自信を持っているようですが、いかに美人であろうとも、所詮はカネ目当てで近寄ってくる女に、誰が惚れるでしょうか? そういうのを、世間では、『うぬぼれ』と言います。また、『この世は私のためにある』とも言ってますが、そんな事を言えるのは、自己中心的の極みです。

これは僕の勝手な憶測ですが、『私』には、恐らく、浪費癖もあるはず。仮に万一、狙い通りに、玉の輿に乗れたとしても、瞬く間に、家庭の資産を食い潰す様が、目に浮かぶようです。多分、夫なんかどうでも良くて、夫のカネで、ホストクラブに通い詰めて、貢ぐだけ貢いで、現実逃避し続けるのがオチだと思います。

それに、これは僕の偏見ですが、『玉の輿に乗りたい』と願う女は、大抵が、根本的に怠惰なものです。要は、『夫のカネで、楽に暮らしたい』というだけの話で、そんな家庭は、遅かれ早かれ、崩壊します。まさしく、金の切れ目が縁の切れ目で、貧乏神と何ら変わりません。

そんな『資本主義の豚』みたいな女が、さも立派であるかのように歌っているのが、どうにも引っかかります。

ええ、分かってますよ。とことんまで僕がひねくれているのは。まあ、逆にあそこまで、女の薄汚い欲望を、あけすけに歌い上げているのは、ご立派とも言えますが。

以上、野暮極まりない、名曲に対するツッコミでした。

んじゃまた。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


自己紹介

P.N.:不二川巴人(ふじかわ・ともひと)

1974年5月8日生まれの46歳。兵庫県伊丹市生まれ・現在住。40歳の頃まで、アダルトゲームのシナリオライターをやっておりましたが、少し前に、精神障害者2級の障害者手帳を交付されたのを機に、スッパリと廃業。今は、好きな物を好きな時に書く、気ままな、寄生虫のような生活を送っております。

ホームページ本館はこちら。

バナー

カレンダー

2020年7月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031 

恵んでほしい物リスト

QRコード

最近のコメント

    WEB拍手一覧

    平常運転と言えばそうだけど、やっぱなんか納得行かない。(日記)が拍手されました!
    (2020年4月9日 19:49:277:49 午後)
    確定申告終了の巻。あと、PC関連の話をもう少し。(日記)が拍手されました!
    (2020年2月17日 20:33:598:33 午後)
    幸せは370円で買える。あと、機能追加の件。が拍手されました!
    (2019年6月2日 00:55:0412:55 午前)

    アクセス統計

    • 33現在の記事:
    • 60204総閲覧数:
    • 2今日の閲覧数:
    • 139昨日の閲覧数:
    • 1279先週の閲覧数:
    • 2439月別閲覧数:
    • 37744総訪問者数:
    • 1今日の訪問者数:
    • 85昨日の訪問者数:
    • 623先週の訪問者数:
    • 1182月別訪問者数:
    • 89一日あたりの訪問者数:
    • 0現在オンライン中の人数:
    • 2019年5月5日 00:00:002019-05-05:

    既刊同人誌(日記)

    フジカワさん日記 2018年3月フジカワさん日記 2018年4月

    フジカワさん日記 2018年1月フジカワさん日記 2018年2月

    フジカワさん日記 2017年11月フジカワさん日記 2017年12月

    フジカワさん日記 2017年9月フジカワさん日記 2017年10月

    既刊同人誌(詩集)

    小馬鹿にされて、春。

    夏のショウタイム秋のあくび

    方向音痴

    時代遅れ生きている街

    ある矛盾等しく、春は。

    前略、底なし沼よりいちぬけた

    砦の前で行き先のない道標

    既刊同人誌(小説)

    半径二メートルの青春

    春の雪シャカリキめいでい!

    花見酒初級立ちション講座

     

    にほんブログ村ランキング

    RSS 『自称』詩人のチラシの裏。