元・エロゲシナリオ屋のブログもどきですよ?

世相って怖いなあ、と、『あのマンガ』を思い出して感じる。

どうも。フジカワです。さっき風呂に入っていて、ぼんやりと思ったことを、また少し短く書いてみます。

知らない人は、ますいないであろう、故・赤塚不二夫先生作の、『天才バカボン』。結論から言って、バカボンのパパって、人生の勝ち組じゃないでしょうか? だって、大卒で、美人の嫁さんと子どもがいて、しかも持ち家に住んでいる。住宅ローンに苦心している描写もなし。そして、自由気ままに人生を謳歌しています。

多分、赤塚先生は、むしろ逆の立ち位置として、バカボンのパパを描いたのだと思いますが、いざ『現代社会』と照らし合わせた時、バカボンのパパは、アドバンテージしか持ってません。

これも一重に、不景気な、今の世相という奴なんでしょうけど、時代の移り変わりとは、時に残酷だなあ、と、思わずにはいられません。

それとは全然関係はあるようでないのですが、かつて、『丸出だめ夫』というギャグ漫画もありましたが、無粋なツッコミを一つ。仮にも自分の息子に対して、『だめ夫』という、縁起の悪いというか、ノーフューチャーな名前を付ける親の神経が、どう考えても分かりません。まあ、『バカボン』も大概ですが。

特にオチはありませんが、今日はこの辺で。んじゃまた。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


自己紹介

1974年5月8日生まれの45歳。40歳の頃まで、アダルトゲームのシナリオライターをやっておりましたが、少し前に、精神障害者2級の障害者手帳を交付されたのを機に、スッパリと廃業。今は、好きな物を好きな時に書く、気ままな、寄生虫のような生活を送っております。

このブログについて。

ホームページ本館はこちら。

バナー

Amazon『恵んでほしい物リスト』。

最近のコメント

    WEB拍手一覧

    僕へのメールはこちらから。

    既刊同人誌(日記)

    既刊同人誌(詩集)

    既刊同人誌(小説)

    アクセス統計

    • 25現在の記事:
    • 21636総閲覧数:
    • 59今日の閲覧数:
    • 123昨日の閲覧数:
    • 722先週の閲覧数:
    • 1412月別閲覧数:
    • 11161総訪問者数:
    • 51今日の訪問者数:
    • 92昨日の訪問者数:
    • 576先週の訪問者数:
    • 1106月別訪問者数:
    • 75一日あたりの訪問者数:
    • 0現在オンライン中の人数:
    • 2019年5月5日2019-05-05:

    にほんブログ村ランキング

    RSS 『自称』詩人のチラシの裏。

    Translate »