元・エロゲシナリオ屋のブログもどきですよ?

わらしべ先生の新刊が出るぞ! この日をどれだけ待っていたか!(エロネタ)

『相撲取りになる夢』をいうのを見たんですが、脳味噌のどこから湧いて出たのか、サッパリ分かりません(挨拶)。

と、いうわけで、フジカワです。今朝の体重は75.9kgであり、2日間変わってないんですが、極端に増えてなけりゃあOKと思える木曜日、皆様いかがお過ごしでしょうか。

さて。エロネタです。タイトル通り、僕のイチオシのエロマンガ作家さんである『わらしべ』先生が、8月に全宇宙待望の新刊を出されるとのこと。ソースは、先生ご自身のツイート。ぺたり。

『一日千秋』とはまさにこのことで、万難を排して手に入れねばなりますまい。8月という話ですから、まだ少しありますけど、多分すぐじゃなかろうかと。後は、先生ご自身のスケジュールがどうなるかですが、大丈夫。きっと出る! いやもう、このニュースを知っただけでも、昨日の鬱々とした気分が、逆転満塁サヨナラ場外ホームランばりにカッ飛んで行きました。まさしく、『かいしんのいちげき!』ですよ。

皆さん。(まあ、エロマンガに限りませんけど)『新刊で』買いましょう。そして、先生に還元するのです。クリエイターの方々は、それで食ってるわけですからね。

いやー、楽しみだ! 全然関係ないんですが、WordPressにツイートを埋め込む時は、個別ツイートのアドレスを貼り付けるだけでいいので楽ちんですね。

さあ、生きる気力が湧いてきたところで、今日もやることはないわけですが、それはそれで。

んじゃ、昼間はこの辺で。

応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ アラフィフオヤジへ
にほんブログ村

エッセイ・随筆ランキング

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


自己紹介

P.N.:不二川巴人(ふじかわ・ともひと)

1974年5月8日生まれの46歳。兵庫県伊丹市生まれ・現在住。40歳の頃まで、アダルトゲームのシナリオライターをやっておりましたが、少し前に、精神障害者2級の障害者手帳を交付されたのを機に、スッパリと廃業。今は、好きな物を好きな時に書く、気ままな、寄生虫のような生活を送っております。

ホームページ本館はこちら。

バナー

カレンダー

2020年7月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031 

恵んでほしい物リスト

QRコード

最近のコメント

    WEB拍手一覧

    平常運転と言えばそうだけど、やっぱなんか納得行かない。(日記)が拍手されました!
    (2020年4月9日 19:49:277:49 午後)
    確定申告終了の巻。あと、PC関連の話をもう少し。(日記)が拍手されました!
    (2020年2月17日 20:33:598:33 午後)
    幸せは370円で買える。あと、機能追加の件。が拍手されました!
    (2019年6月2日 00:55:0412:55 午前)

    アクセス統計

    • 36現在の記事:
    • 60305総閲覧数:
    • 103今日の閲覧数:
    • 139昨日の閲覧数:
    • 1380先週の閲覧数:
    • 2540月別閲覧数:
    • 37790総訪問者数:
    • 47今日の訪問者数:
    • 85昨日の訪問者数:
    • 669先週の訪問者数:
    • 1228月別訪問者数:
    • 89一日あたりの訪問者数:
    • 1現在オンライン中の人数:
    • 2019年5月5日 00:00:002019-05-05:

    既刊同人誌(日記)

    フジカワさん日記 2018年3月フジカワさん日記 2018年4月

    フジカワさん日記 2018年1月フジカワさん日記 2018年2月

    フジカワさん日記 2017年11月フジカワさん日記 2017年12月

    フジカワさん日記 2017年9月フジカワさん日記 2017年10月

    既刊同人誌(詩集)

    小馬鹿にされて、春。

    夏のショウタイム秋のあくび

    方向音痴

    時代遅れ生きている街

    ある矛盾等しく、春は。

    前略、底なし沼よりいちぬけた

    砦の前で行き先のない道標

    既刊同人誌(小説)

    半径二メートルの青春

    春の雪シャカリキめいでい!

    花見酒初級立ちション講座

     

    にほんブログ村ランキング

    RSS 『自称』詩人のチラシの裏。