元・エロゲシナリオ屋のブログもどきですよ?

自分が貧乏舌なのか、グルメなのか、よく分からない。

どうも。フジカワです。昨日の夜、腹が減って眠れなかったので、備蓄のカップラーメンを食ったのですが、悪魔的なまでに美味しくて、『身体に悪いものは美味しい』という、世の真理を噛みしめました。皆様いかがお過ごしでしょうか。

さて。タイトルの話を。我が家は、というか、うちの母親は、調味料には結構なこだわりがあります。例えば、醤油は、キッコーマンの『丸大豆醤油』が大のお気に入りで、それ以外は買わなかったり、お酢は、ミツカンの米酢しか買いません。さらに、みりんは、間違っても(酒に分類されない)『みりん風調味料』は絶対に使わず、本物のみりんしか使いません。もう一つ言えば、料理酒も、無駄に塩分の入った物は買わず、そのままでも飲めるぐらいの日本酒を使います。

当然、それらのどれもが、そこそこの値段がしますから、『倹約』という概念からは、かけ離れています。そんな家庭に育った僕ですから、一人暮らし時代も、調味料にはこだわる一方で、ジャンクフードもよく食ってました。その筆頭が、二郎系ラーメン。東京在住時、行動範囲内に、本家の支店と、インスパイア系の両方があり、かなりの頻度で通いました。

言わずもがなで、あの手のラーメンの味は、化学調味料の味です。あと、脂分の。どこをどうひねくりこかしても、身体にいい食べ物とは思えません。実家に帰ってからも、自分で料理をする時は、ほぼ確実に、『味の素』を、ドバドバ入れます。あまりいい傾向とは言えません。

んで、そんなジャンクに近い野郎飯を食っていて、果たして自分の舌が、肥えているのか貧乏なのか、時々分からなくなります。もちろんですが、カップラーメンや、巷のラーメン屋に、罪は全くありません。これまたもちろん、『アラフィフ男は、化学調味料の使われた料理を食ってはいけない』という決まりも、通念も、あるわけがないです。

あくまでも、『僕個人の意識』、もしかしたら、それは、『個人的美意識』とも言えるかも知れませんが、『年齢相応の物を食うべし』と、どこかで思っているのかも知れません。ジャンクフードの類に、年齢制限があるなんて話は、どこを探してもないわけですけどね。それに、かの水木しげる先生は、90歳になってなお、マクドのハンバーガーに挑戦なさってましたし。

結論としては、『孤独のグルメ』に憧れてます、という一言で、済みそうなんですけどね(笑)。『孤独のグルメ』といえば、実写版の主演は、松重豊さんだったわけですが、僕の中で、あの役者さんは、いつまで経っても、『ターミネーターオカマのシュワ子』です。25年以上前の、鴻上尚史氏率いる『第三舞台』の戯曲、『トランス』を知ってる人が、今どれだけいることか。

以上、『食に対して、こだわりがないようで、実は結構うるさい』という、面倒くさい中年の戯れ言でした。

んじゃまた。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


自己紹介

P.N.:不二川巴人(ふじかわ・ともひと)

1974年5月8日生まれの46歳。兵庫県伊丹市生まれ・現在住。40歳の頃まで、アダルトゲームのシナリオライターをやっておりましたが、少し前に、精神障害者2級の障害者手帳を交付されたのを機に、スッパリと廃業。今は、好きな物を好きな時に書く、気ままな、寄生虫のような生活を送っております。

ホームページ本館はこちら。

バナー

カレンダー

2020年7月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031 

恵んでほしい物リスト

QRコード

最近のコメント

    WEB拍手一覧

    平常運転と言えばそうだけど、やっぱなんか納得行かない。(日記)が拍手されました!
    (2020年4月9日 19:49:277:49 午後)
    確定申告終了の巻。あと、PC関連の話をもう少し。(日記)が拍手されました!
    (2020年2月17日 20:33:598:33 午後)
    幸せは370円で買える。あと、機能追加の件。が拍手されました!
    (2019年6月2日 00:55:0412:55 午前)

    アクセス統計

    • 21現在の記事:
    • 59523総閲覧数:
    • 42今日の閲覧数:
    • 160昨日の閲覧数:
    • 1374先週の閲覧数:
    • 1758月別閲覧数:
    • 37417総訪問者数:
    • 26今日の訪問者数:
    • 85昨日の訪問者数:
    • 635先週の訪問者数:
    • 855月別訪問者数:
    • 87一日あたりの訪問者数:
    • 0現在オンライン中の人数:
    • 2019年5月5日 00:00:002019-05-05:

    既刊同人誌(日記)

    フジカワさん日記 2018年3月フジカワさん日記 2018年4月

    フジカワさん日記 2018年1月フジカワさん日記 2018年2月

    フジカワさん日記 2017年11月フジカワさん日記 2017年12月

    フジカワさん日記 2017年9月フジカワさん日記 2017年10月

    既刊同人誌(詩集)

    小馬鹿にされて、春。

    夏のショウタイム秋のあくび

    方向音痴

    時代遅れ生きている街

    ある矛盾等しく、春は。

    前略、底なし沼よりいちぬけた

    砦の前で行き先のない道標

    既刊同人誌(小説)

    半径二メートルの青春

    春の雪シャカリキめいでい!

    花見酒初級立ちション講座

     

    にほんブログ村ランキング

    RSS 『自称』詩人のチラシの裏。

    Translate »