2018年4月分の日記を出版しました。

CM
この記事は約2分で読めます。

自分自身の、これまでの行いを考えると、多分、僕はろくな死に方をしないと思います(挨拶)。

と、いうわけで、フジカワです。昨日の夜は、あまりにも今さら、かつ、まるっきり謎、かつ、逆に恥ずかしすぎる夢を見たせいで、寝覚めが実に微妙だったわけですが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

さて。ことさら寒い冬の朝、Amazonから、電子書籍のロイヤリティが振り込まれていたと思ったら、まあ予想はしてましたが、125円という小銭であり、しかしながら、ないよりはマシだと思える、一日の始まりでございます。

で。そのAmazonなんですけど、昨日書いた通り、僕の、2018年4月分の日記が、販売開始されました。この辺からどうぞ。

編集作業の過程で、一通り読み返してみたんですが、もう自分自身が情けなくなるぐらいに、妙なスケベ心満載で、金儲けのことばっかり考えてまして、バカじゃなかろうかと。どうやら僕の辞書に、『懲りる』という言葉はないようです。まあ、それから1年半経った今、病状が悪化したせいで、そんなスケベ心も、起きるいとまさえなくなったんですけどね。

いつものように、皆様が、いかなる動機でこの日記をご覧頂こうが、それは全くの自由でございます。また、読後、どんな感想を持たれても、僕は構いません。「せっかく書いた物だから、埋もれさせたくない」という、貧乏性みたいな物から、とりあえず出すだけです。

もっとも、残酷な現実として、この一連の日記、今まで一度も読まれた形跡がないんですけどね。ほんとにもう、自己満足以外の、何物でもありません。KDPの出版そのものが、無料だからこそ、できる所行です。

んで。1つここで、宣言しておきます。今年の冬ですが、新作の詩集は出しません。到底そんな、心身の状況にないためです。『自称』詩人としては、悔しくもあるのですが、無理な物は無理ですし、強引に挑戦してみたところで、納得のいく作品が書けるとは、全く思えません。だったら、春まで待って、ただしそれも、その時の状態次第でしょうが、どっちにしても、無駄な義務は負わない方がいいだろうと判断しました。

さあ、今日で、12月13日まで、あとちょうど2週間です。医者に行く以外に、一歩も外に出なければ、僕の勝ちであり、恐らくそれは可能でしょう。ボチボチ、頭が朦朧とし始めたので、昼間はこの辺で。

応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへ
にほんブログ村

エッセイ・随筆ランキング

コメント

error: 警告: コンテンツの選択はできません!
タイトルとURLをコピーしました