予防接種をしたから、絶対に安心! というわけではないにせよ。他。

日記
この記事は約3分で読めます。

すぐ他人を僻む、日本人の性根を、根本からたたき直さないと、多分、イジメはなくならないと思うのですが、どうか(挨拶)。

と、いうわけで、フジカワです。昨日辺りから、離人感がますます強くなってきて、世の中全てが、芝居を通り越して、ただの茶番に思えてしょうがない今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか。

さて。『思いっきり寝たい夜に限って、満足に眠れない』という、不眠症の不条理を、嫌というほど味わった昨晩ですが、一度目が覚めたからには、どう足掻いても二度寝はほぼ不可能なので、諦めざるを得ないのが、恨めしいです。

でもまあ、今日は、朝の10時半に、先日書いた、インフルエンザ予防接種の予約を取っていたので、寝坊するよりいくらかマシでした。んで、時間になったので、くだんの内科へゴー。幹線道路沿いにあったので、筋金入りの方向音痴である僕も、比較的簡単にたどり着けました。

受付を済ませ、ワクチン接種にかかる問診票を書きながら、体温を測り、僕の平熱(35℃台)からすれば若干の微熱はあったものの、37.5℃以下だったので、そのまま接種へ。

インフルエンザの予防接種なんて、相当昔にやったきりなので、コロッと忘れてたんですが、あれ、腕の静脈じゃなくて、肘の裏側辺りに打つんですね。もしかしたら、割と痛いのかな? と思ったんですが、さほどでもなく、3分未満で終了。余談ですが、主に筋肉を弛緩させるために、肩に打つ筋肉注射は、ものっそい痛いです。

会計は、事前に調べた通り、2,900円以外はかからず。タイトル通り、予防接種をしたから、これで絶対に安心! というわけではないのは、重々承知しておりますが、やらないよりはマシでしょう。2,900円で、霊験あらたかな、お守りを買ったと思えばいいんです。行動範囲内では、一番安いところなので、来年からは、今日と同じところに行こうと思ってます。

問題だったのが、帰りのバス。さすが中途半端な田舎だけあって、見事に本数がなく、僕がバス停に着いた時には、次のバスは、20分後というたわけっぷり。律儀に20分待つより、歩いて帰っても、それぐらいはかかるので、帰宅は徒歩。ついでに、郵便局へ寄って、カバンの中に入れておいた、50円の額面の、超古いハガキを、差額を払って、喪中の相手に対する寒中見舞い用なので、胡蝶蘭デザインのインクジェットハガキに交換して貰って、家に帰って、着替えて、寒中見舞いを刷っておいて、昼飯。

で。食い終わって、戻ってきたんですが、全然関係ない話をします。昨日の夜の話です。僕の信用情報を、4月になったら、一度開示してみよう、という件は、書かせて頂きました。もし、きっかり5年経って、再度開示してみて、誤りがあるようなら、こっちから、対象の会社に連絡を入れて、訂正して貰う必要があります。それに関連して、4年経って初めて、免責が降りた時の、裁判所の判決文を発掘して、読んでみました。

すると、結果的には免責が下りたものの、ほとんど温情に近いことが分かりました。僕ももう、あまり覚えていないのですが、僕が提出した、破産の申立て事由の中には、通常なら、免責が認められない項目があったそうです。しかしながら、そこに至った経緯等を、ざっくり言えば、総合的に判断して、免責決定に至ったと。

つまりは、一歩間違えば、免責が下りなかったケースも考えられたわけで、そうだった場合、返済不可能な債務だけが残ることになる(はず)ので、運がよかったとしか言えません。僕は、いつも幸運に恵まれているわけではないのですが、土壇場で強運を発揮するのは、昔から、なんとはなしに実感してました。これも、その一例のようです。もちろん、奇跡が保証できるはずもないので、それに甘えていてはダメですけどね。

さあ、これで今日は、もう終わったも同然。後は、いつものように、ひたすら静養してればいいんです。たとえ眠れなくても、横になってりゃ、いくらかマシなはず。

んじゃまた。

応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへ
にほんブログ村

エッセイ・随筆ランキング

コメント

error: 警告: コンテンツの選択はできません!
タイトルとURLをコピーしました