『細長い物をくわえて、煙を出す』という、立派な代替行為。(電子タバコの話)

日記
この記事は約3分で読めます。

『同程度』と、『童貞度』の発音が同じ事に、今さっき気が付いたんですけども、何らの役にも立ってくれそうにありません(挨拶)。

と、いうわけで、フジカワです。先刻から、ものすごいデジャヴを感じており、多分根底の方で、メチャクチャ疲れてるんだろうなあ、と思える夜のひととき、皆様いかがお過ごしでしょうか。

さて。本日午前中に着弾した、新しい電子タバコである、『TaEco(X-TC2)』。吸いまくってます。回数とか無関係に、『口が寂しい!』と思ったら、即、吸ってます。これがですね、予想以上に立派な『代替行為』として成立しておりまして、たとえタールもニコチンもゼロの、単なる香り付き水蒸気であろうとも、かなり気が紛れるんですよ。いやまあ、『DR.VAPE』を買った時も、同じ事を思いましたけど、あっちは、カートリッジの寿命が大変短かったので、次から次へと替えねばならず、浸ってる暇が無かったんですよ。

一方の『TaEco』ですが、『リキッド注入式』であることと、『スペアが1本ある』ことで、欲しいと思った時には、すぐさま吸えます。仮に内部のリキッドが切れても、追加してやりゃあいいだけなので、手間にも入りません。まあ、いったん注入したら、内部に染みこむまで、数分待たなくてはならないぐらいで。

タイトル通り、『タバコ状のスティックを吸って、煙を吐く』という、言ってしまえば『真似事』だけで、こうも心理的ストレスが緩和されるのかと思うと、我ながらちょっと驚きですね。飴もガムも、もう要らないと思います。

誤算のうちにも入らないとは思いますが、間断なく吸ってるので、想定していたよりもリキッドの減りが早いんですけども、これについては、いかに1日吸いまくっても、付属の2本(10ml×2)のうち、1本目のほんのわずかしか使ってないですし、明日になれば、30mlのリキッドが2本届きます。妙な心配はする必要もないかと。

もし、他に問題があるとするならば、いらん児になった『DR.VAPE』は、(他の喫煙グッズと併せて)ヤフオクに流すつもりなんですけども、(商品発送にかかる送料が請求される)AMEXの締日と、僕自身の収入サイクルを考えた時、放流を、3月4日以降にせざるを得ないという、結構先が長い話だなあ、ってなぐらいです。

ただし、いかに無害な電子タバコとは言え、外で吸うと、多分、大多数の人が誤解すると思うので、そこは自重した方がいいでしょうね。実際、一部の施設では、『電子タバコも含めて禁煙』という所もあるようですし。

おめざの一服欲求も、食後の一服欲求も、恐らくこれで何とかなると思われます。いや、いい買い物をしました。勉強代は払いましたけど。余談ですが、なぜこのエントリのアイキャッチが、シナモンスティックなのかというと、単に『写真AC』内を、『スティック』で検索してみて、『味があるスティック』繋がりで選んだだけです。あまり意味はありません。

さあ、今日は帳簿を付けたので、明日は休んで、明後日になったら、また1ヶ月分やって、再度休んで……を繰り返していけば、いずれは長い道のりも終わるでしょう。無理せずに、できるペースでやりゃあいいんです。今の僕にとって、不必要に己を追い詰めることほど、毒なことはありませんからね。

んじゃまあ、今日はこの辺で。

応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへ
にほんブログ村

エッセイ・随筆ランキング

コメント

error: 警告: コンテンツの選択はできません!
タイトルとURLをコピーしました