大きめの家事を手伝わされて、ヒットポイントがマイナスになる。(日記)

日記
この記事は約2分で読めます。

よろしいですか、皆様。僕のようなデブにとって、唐揚げは飲み物です(挨拶)。

と、いうわけで、フジカワです。いきなり暴言めいたことを書かせて頂くと、『テレワーク』と『テレクラ』を混同するような昭和のオッサンは、ぶっちゃけお里が知れると思う夜のひととき、皆様いかがお過ごしでしょうか。

さて。現在、投げやりを通り越して、世の中が呪わしい程、疲れております。7割ぐらいはメンタル面なんですけど、午後イチぐらいで、タイトル通り、割と大きめの手伝いをやらされまして。それは何かと申しますと、庭の物置の整理。メタクソ雑然と突っ込まれていた中身を、ケツから手を突っ込んで奥歯をガタガタ言わせる勢いで、全部引きずり出して、要る物と要らない物に分け、必要な物だけ、もう一度整理して収納するという。

何が驚いたかと言うより、むしろ呆れたのが、亡父の遺品が大量に押し込まれていたことです。自動車(主に洗車)関連のグッズとか、趣味だったゴルフの道具とか。中には、恐らく当時は、かなりの高値で買ったはずではあるものの、はるか昔に消費期限が切れている、朝鮮人参の粉末詰め合わせなんかも、ごさっと出てきました。逆に、なんでそんなもんが、庭の物置に突っ込まれていたのかは、今となっては永遠の謎です。

それらなどを、要不要に1つずつ分けて、イチから、今度は整理した上で収納し直すという、地味で地道な作業をやること、約2時間。終わった頃には徹底的に疲れ果てて、そりゃあ、パトラッシュの一個師団が、空からパラシュート降下してきますよ。

んでもう、解放後数時間は、ベッドの上でピクリともできず。晩飯も極めて適当に済ませて、軽いタイムワープ気分を味わいつつ、今に至ります。あーもう! 小林製薬あたりが、『1錠飲めば、たちどころに安楽死!』みたいな薬出さないかなー!(あり得ません)

でさあ?(いやに馴れ馴れしく)何をやってても途切れることのない、幻聴(耳鳴り)を何とかして欲しいんですが、ピンポイントで効く薬なんぞないのが、なんとも恨めしいですが、どうにもならないのが、捨て鉢気分に拍車を掛けてくれます。砕けろ人類(いつもの)。

しかしまあ、大仕事を一つ終えたので、当面は、ここまで疲れることも、多分ないはず。ごくプライベートで、ちょっと気を揉んでることがあるんですけど、それはここでは書きません。

では、今日はこの辺で。

応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへ
にほんブログ村

エッセイ・随筆ランキング

コメント

error: 警告: コンテンツの選択はできません!
タイトルとURLをコピーしました