VISAのクレジットカードに拘泥する理由が(多分)なくなった。(クレカの話)(日記)

日記
この記事は約3分で読めます。

今のこの疲労感にシェアボタンが付いていたなら、10兆万回押したいほどですが、何か(挨拶)。

と、いうわけで、フジカワです。自分自身の視野狭窄っぷりに我ながら嫌気が差す秋の夜長、皆様いかがお過ごしでしょうか。

さて。タイトルの話なんですが、ここのところ頭のネジを追加で何本かなくしたかのごとく、「VISAかMasterCardのクレカが欲しい!」と喚き散らしていたわけですが、ちょっと待った。この問題、既に解決しておりました。

なぜか? 世の中、VISAブランドのデビットカードというのが存在します。僕がVISAカードに求めているのは、「本人認証サービス(3Dセキュア)に対応しているか?」というところだけです。そして、今やどこの銀行であれども、デビットカードにも当該認証機能が付いてます。

また、(僕自身に、今後機会があるかどうかはさておき)海外旅行の際、渡航先のATMで現地通貨を引き出すことも可能です。その際の手数料は各銀行によって変わってきますが、ざっくり調べた限りでは、楽天銀行のVISAデビットカードが、3.08%と、少し得なようです。対抗馬である、ゆうちょ銀行のデビットカード「mijica」は、55円+4%と、ちょい高い。

つうことは、楽天銀行のVISAデビットカードを(再度)作れば、後は口座に残高があればいいので、問題はなし。僕が今まで拘泥していた理由は、ズバリ「エロ動画サイトに入会したいから」です。一応、某サイトに(mijicaの)カード情報を入力してみたところ、特にエラーなんかは出ず、普通に最終確認の画面が出ました。つまりは(恐らく)決済ができる、と。

さあ、これでどこに問題がある? mijicaは、1,000円使うごとにセゾンの「永久不滅ポイント」が貯まりますが、楽天銀行の方は、100円で1ポイント付きます。ポイントの汎用性を考えた時、楽天銀行に軍配が上がるのは明らか。

結論としては、(CICとJICCから記録が消える)来年の4月まで律儀に待つ必要も、その後の(どこのカードであれ)申し込みと審査に気を揉む必要などもなく、現金決済とニアリーイコールでVISAデビットカードを使えばいいと言うことですよ皆様! いやー、シンプルな話でした。バカですね。今さらながら。

クレカを作る前は、(付帯特典の多さと、ステータス性を求めて)楽天銀行のVISAデビットカード(ゴールド)を持ってました。しかし、今やAMEXを持っているので、そりゃあ年会費は高いですけど、お釣りが来るぐらいの特典があります。もっともこれは、旅行に行った際に威力を発揮する類けどね。

いつの話であれ、旅行へ出かける際は、AMEXグリーンでもかなり強まってます。関西なら関空のみですが、スーツケースを1つまでなら無料で送れますし、(一般の)空港ラウンジが無料と言うだけでも魅力。海外であっても、VISAデビットカードと組み合わせれば、両替の手間も省けるわけで。

いやはやいやはや、憑きものが取れた気分です。ならば、後は行動あるのみ。資金的に余裕が出る(予定)のは、12月の話ですから、それまでに楽天銀行のVISAデビットカードを作っときゃあいいんですよ。デビットカードですから、審査はありませんし。

よし、これで年末あたりには、セルフバーニングライフが捗るな!(最低のオチ)

んじゃまた。

応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ アラフィフオヤジへ
にほんブログ村

エッセイ・随筆ランキング

コメント

error: 警告: コンテンツの選択はできません!
タイトルとURLをコピーしました