元・エロゲシナリオ屋のブログもどきですよ?

あの名曲2つに、大人げないツッコミを入れてみる。

『春のうららの隅田川』だと、とても情緒溢れる光景なのに、『春のうららの神田川』にすると、一気にわびしくなる不思議(挨拶)。

どうも。フジカワです。もう今日は朝から、ものっそいどうでもいい話題を書きます。即座にタイトルの話に移りますが、南こうせつの『神田川』が、日本歌謡界が誇る、屈指の名曲であることには、誰も疑いを持たないと思います。

しかし! あの曲を聴く度に、僕はどうしても、どーーーしても気になる点があって、もうどうしようもありません。

その前に皆さん、ちょっと気分を落ち着けましょう。深呼吸をして下さい。……できましたか? その上で、『神田川』の歌詞を、よーく考えてみて下さい。恋人同士が、一緒に銭湯に行きます。そこまではよし。『一緒に出ようねって言ったのに、いつも私が待たされた』とありますが、約束を破る男の不誠実さには、とりあえず目をつぶるとして、僕が引っかかるのは、まさにここです。

『洗い髪が芯まで冷え』るまで、男は女を待たせているわけです。僕は声を大にして突っ込みたい。

男は風呂の中で何してるんだ!?

これは、僕の実体験ですが、何かの折に、家族でスーパー銭湯に行くと、たいてい、女性陣の所要時間の方がはるかに長く、僕は、くたびれるまで待つのが常です。

男の入浴なんて、かけ湯をして、1回目の湯船に浸かって、上がって、身体と頭を洗って、もう1回湯船に入ってしまえば、だいたい終わります。どんなに長くても、20分かそこらのはず。仮に、歌の中に登場する女性も、そんなに長湯しないタイプだとしても、やっぱりかかっていいところ、30分前後でしょう。

いくら季節が冬だとは言え、温まった身体が冷え切るほどの長い間、男は何をしているのか? いったい、何にそんなに時間がかかるのか? 仮説すらも思いつかない、『神田川』最大の謎です。どなたか、納得できる説明が出来るなら、ぜひ聞かせて下さい。

次は、唱歌としてつとに有名な、『翼をください』について。
人なら誰しも、一度ぐらいは『自由に空を飛びたい』と思うはず。それはまあ、いたって普通です。

しかし、仮に、己の背中に翼が生えて、鳥と同じく空を飛べたとしましょう。空には、『鳥達の生態系』、つまり、『空のルール』があります。

鳥の目からすれば、『翼の生えた人間』は、『異形の者』であり、『よそ者』です。もし、人間が、普通に鳥達とコミュニケーションが取れるなら、問題はないかも知れませんが、『空を飛べる=自由』ではありません。

夢も希望もない言い方をすれば、仮に羽が生えて、空を飛べても、『Z軸方向に、行動範囲が広がるだけ』です。そりゃまあ、飛ぶわけですから、移動は楽かも知れませんが、飛ぶためには体力も必要です。翼本体が、機械式の、独立した原動力を持っていれば、話は別ですけど。

例えば、平均的な人間の体重を、60kg前後としましょう。それだけの重さで飛ぶためには、相当な体力が必要なはず。『飛べる=楽ちん』でもないわけです。

そんな『空のルール』、及び『飛ぶために必要な努力』を一切無視して、『翼さえあれば、私は自由になれる』と、さも美しげに歌っているのは、甘いと言わざるを得ません。

これは、僕自身が、割と最近、自分で詩の中に書いた(『鈍行列車一人旅』に収録)のですが、『自由』というのは、蜃気楼のようなものです。

『この世』に『生きる』限り、あまねく生き物は、多種多様な『束縛』の中で生きて行かざるを得ません。『真の自由』なんてものは、自殺でもして、『この世』とおさらばしない限り、手に入らないのです。

もしかすると、あの『翼をください』という歌は、自殺を美化して奨励している歌なのかも知れない、というのは、いくら何でもひねくれすぎにしても、僕の耳には、『所詮不可能な、現実逃避を美化している歌』に聞こえます。

いずれにせよ、ひねくれまくってるのは変わりませんけどね。言いたいことを全部書いたので、スッキリしました。

んじゃまた。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


自己紹介

P.N.:不二川巴人(ふじかわ・ともひと)

1974年5月8日生まれの46歳。兵庫県伊丹市生まれ・現在住。40歳の頃まで、アダルトゲームのシナリオライターをやっておりましたが、少し前に、精神障害者2級の障害者手帳を交付されたのを機に、スッパリと廃業。今は、好きな物を好きな時に書く、気ままな、寄生虫のような生活を送っております。

ホームページ本館はこちら。

バナー

カレンダー

2020年6月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930 

恵んでほしい物リスト

QRコード

最近のコメント

    WEB拍手一覧

    平常運転と言えばそうだけど、やっぱなんか納得行かない。(日記)が拍手されました!
    (2020年4月9日 19:49:277:49 午後)
    確定申告終了の巻。あと、PC関連の話をもう少し。(日記)が拍手されました!
    (2020年2月17日 20:33:598:33 午後)
    幸せは370円で買える。あと、機能追加の件。が拍手されました!
    (2019年6月2日 00:55:0412:55 午前)

    アクセス統計

    • 38現在の記事:
    • 52895総閲覧数:
    • 33今日の閲覧数:
    • 154昨日の閲覧数:
    • 1050先週の閲覧数:
    • 909月別閲覧数:
    • 34235総訪問者数:
    • 29今日の訪問者数:
    • 101昨日の訪問者数:
    • 752先週の訪問者数:
    • 638月別訪問者数:
    • 103一日あたりの訪問者数:
    • 1現在オンライン中の人数:
    • 2019年5月5日 00:00:002019-05-05:

    既刊同人誌(日記)

    フジカワさん日記 2018年3月フジカワさん日記 2018年4月

    フジカワさん日記 2018年1月フジカワさん日記 2018年2月

    フジカワさん日記 2017年11月フジカワさん日記 2017年12月

    フジカワさん日記 2017年9月フジカワさん日記 2017年10月

    既刊同人誌(詩集)

    小馬鹿にされて、春。

    夏のショウタイム秋のあくび

    方向音痴

    時代遅れ生きている街

    ある矛盾等しく、春は。

    前略、底なし沼よりいちぬけた

    砦の前で行き先のない道標

    既刊同人誌(小説)

    半径二メートルの青春

    春の雪シャカリキめいでい!

    花見酒初級立ちション講座

     

    にほんブログ村ランキング

    RSS 『自称』詩人のチラシの裏。

    Translate »