時計について、今一度考えてみた。

日記
この記事は約3分で読めます。

どうも。フジカワです。やっぱり今朝も、非常に寝覚めが悪く、『爽やかな朝』とは、20億4千万光年ほど離れているような気がしますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。ものっそい今さらですが、Twitterの方で、アリスソフトの『ハニーキング』TADAさんが、1年前に会社を退職されたことを知り、少なからず驚きました。アリスソフトと言えば、まあこれは、旧ブログでも書きましたが、僕のネットデビューは、今からおよそ30年前、まだ当時は奈良にあったアリスソフトが運営していた、草の根BBSであるところの、『ALICE NET』でしたので。思わず、「お久しぶりです」とレスを付けてみましたが、TADAさんご本人は、多分覚えていらっしゃらないかなー、と思います。

まあ、それはさておき、話は昨日に戻ります。網戸の件で、Amazonをあれこれ検索していたのですが、ふと、電波を受信しました。それは、時計のこと。今現在使っている腕時計が、既に、青息吐息であることは、以前書きました。新調する必然性が、じんわり出てきているのですが、そう言えばかつての一時期、スマホと連動する、スマートウォッチが、無性に欲しかったのを思い出しました。

あれからかなりの年数が経ち、スマートウォッチ界隈も、割と成熟してきてるようで、『価格ドットコム』を見ても、相当数のラインナップがありました。僕は、ほぼ運動しないので、歩数計や、心拍数を計測する機能などは、さほど重要ではありません。あれこれ比較検討した結果、一番だろうと思ったのが、ASUSの『ZenWatch 3』。具体的には、これです。

デザインもシャレオツで、ステータス性はかなり高め。また、時計の文字盤は、自由にカスタマイズできるとのこと。そりゃまあ、これにも、歩数計などは付いてますが、重要なのは、時計としてのデザインです。もはやスーツを着る機会はほとんどないと思いますが、それにも、私服にも合うデザインで、見た目に、ある程度の高級感を求めた場合、これがベストだと判断しました。難点は値段のみ。来月の年金では、メガネを買わなくてはならないので、最短でも、買えるのは8月になるでしょう。

メガネと言えば、昨日、網戸の規格を測っている時に、本当に近くの物が見えづらくなっていて、遠近両用メガネの、相当な緊急性を感じました。そのメガネについて、今、改めて悩んでいるのが、やはり眼科へ行って、きちんとした処方せんを書いて貰うか否か。

以前書いた通り、そのためには、プラス3,000円の出費が必要です。メガネショップのJINSでやって貰える検査が、いい加減なものであるはずはないとは思うのですが、念には念を入れたい気持ちがあるのも、事実です。あと2週間。今一度よーく考えてみようと思います。

んじゃまた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました