椅子に座りたかった。あと、ちょっとしたテスト。

日記
この記事は約3分で読めます。

『あぐらをかく』というと、あまりいいイメージがない意味で使われますけども、少なくとも僕の場合は、ずっと座椅子にあぐらをかいて座っていると、ケツが痛くてたいへん辛いです(挨拶)。

と、いうわけで、フジカワです。うららかすぎて、何かバカにされてるような気がする昼下がりのひととき、皆様いかがお過ごしでしょうか。

さて。このエントリは、ちょっとしたテストです。タイトル通り、椅子に座りたかったんですが、そうなると、操作できるのは、スマホだけです。ならば、いかに今後、機会はほぼないであろうにせよ、試しに、スマホ上から更新してみようと。一応、環境は整えてありますし。

で。まだもう少し(予報では)寒の戻りがあるようですが、春であることには変わりなく。もっとも、のんきなのは多分僕ぐらいなもので、例のコロナウィルス騒ぎは、まだ全然収まってないんですが、やっぱり僕には、現実味が湧かない出来事です。

何が哀しいかって、先日買ったシアリスのジェネリックを、少し前に飲んでみたのですが、30分経っても、マイサンがピクリともしないことです。悔しいので、さっき無理矢理抜きました。スマホでエロ動画を観るための準備も、ちゃんとしてあったので。

そして賢者タイムなんですが、1月の末に買った電動オナホール、全くダメ虫アイテムであることが判明したので、返品しそびれてしまったのが、割と痛恨かと。中古のオナホなんぞ、絶対に売れませんからね。いずれは、燃えないゴミ行きなのがなんとも。

んで。ちょっと思ったのですが、こうもうららかだと、『多少は』精神的にマシ『に、思えます』。気のせいかも知れませんけどね。しかし、今の病気とも、かなり長い付き合いですが、季節に左右される要素があるのも、また事実でございまして。暖かいのは、寒いより数十倍マシです。

病気、で気になるのが、障害年金の額改定請求の結果が、まだ来ないことです。まる4ヶ月以上が過ぎてるんですが、何の音沙汰もありません。今年の5月が、本来の更新月(現況届提出月)なのですが、額改定請求の結果待ちの間、現況届の用紙が届いた場合は、管轄の年金事務所(僕の場合は、尼崎)へ問い合わせる必要があるそうです。審査の経過に関しては、ねんきんダイヤルにいくら聞いても無駄です。実際、僕も一度電話してみて、「こちらでは分かりません」と言われましたし。

調べた限りでは、5ヶ月以上待たされるケースもあるとか。障害年金に関する診断書は、主治医の先生に書いてもらうのに、お金も時間もかかります。早いところ、白黒着けてほしいんですが、手の打ちようがないのが、大変もどかしいです。

さてと。約立たずだったオナホを見てると、すごーく腹立たしくなってきました。明日が燃えないゴミの日なので、己を呪いつつ、しめやかに処分しましょうか。

んじゃ、テスト終了です。

コメント

error: 警告: コンテンツの選択はできません!
タイトルとURLをコピーしました