1種類でも薬が欠けるとどうなるか? を、身をもって知る。(日記)

日記
この記事は約2分で読めます。

今朝の体重は、前日比+0.2kgであり、多少ガッカリしたものの、この程度でガタガタ言うなというレベルでした(挨拶)。

と、いうわけで、フジカワです。雨のせいで逆に肌寒さを感じる梅雨の朝、皆様いかがお過ごしでしょうか。僕はもうダメです。

さて。タイトルの話なんですが、昨日の夜は、もうどうしようもなかったので、午後8時に眠剤一式を飲んで寝ることにしたんです。が! 薬を手のひらに1つずつ出している時、レボトミンの25mg錠が、勢いよく出過ぎて手のひらから飛んでいき、床に落ちてしまいました。落ちたと思しき場所を探したんですが、どうやっても見つからず、仕方ないので、レボトミンを抜きで飲んで、ベッドに潜り込んだんです。

んが! 眠りが超浅かった! 意識が緩やかに持続したままで、ぶっちゃけ、寝たんだか寝てないんだかよく分からないまま、次に気が付いたら、今朝の7時。こんなに欲求不満な朝は、そうそうないです。望んで薬を減らしたわけでは無いにせよ、『一式をきちんと飲む』事の重要性を、身をもって知りました。砕けろ人類(いつもの)。

でもって、今日をどうするかが、毎度の事ながらの地味に大きな問題です。いやまあ、ごくプライベートな件では、1つだけやることがあるのですが、それは除外出来ますので、そうすると、本気と書いてマジでやることがない。哀しいぐらいのいつも通りであり、やったことと言えばせいぜい、昨日は剃らなかったヒゲが、今朝になって我慢出来なくなっていたので、やっと剃ったぐらいです。

1日が長くてしょうがないんですけれども、まさか個人の気分で、時の流れがコントロール出来るはずもなく。疲労感が数割増し(当社比)のため、いつも以上におとなしくしておく必要があるようです。

んじゃ、いったんこのへんで。

応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ アラフィフオヤジへ
にほんブログ村

エッセイ・随筆ランキング

コメント

error: 警告: コンテンツの選択はできません!
タイトルとURLをコピーしました