元・エロゲシナリオ屋のブログもどきですよ?

無駄な夜更かし中の、無為な戯れ言。

どうも。フジカワです。「暇なの?」と聞かれれば、はにかみがちに「……うん」と答えます。

何の脈絡もないのですが、さっき風呂に入っていて、ふと思ったことを、書かずにいられないので、書きます。

これは、『エコロジー系に意識が高い』人々が、好んで使うというか、少なくとも、一昔前までは、頻繁に耳にしていた言葉ですが、僕は、『宇宙船地球号』という比喩が、どうにも好きになれません。

なぜか? 理由は大まかに、2つあります。

1つめは、『地球という星が、人類だけの所有物である』と主張しているように思えるからです。確かに、人間は、食物連鎖の頂点かも知れません。しかしながら、それがイコール、『この星で一番偉い』とは限りません。人間『のみ』を対象にして、他の数多の動物たちを、全て無視しています。こんな身勝手が通る理屈が、どこにあるでしょうか? いやまあ、もしかしたら、生きとし生けるもの全てをひっくるめているのかも知れませんが、あまねく動物達が、『望んで船に乗っている』かが疑問です。

2つめは、仮に僕も、地球を『船』にたとえるのを、よしとしたとしましょう。でも、『船』である以上、そこには、『役割分担という序列』が存在し、何よりもまず、『船長』の存在が不可欠です。

さて、『宇宙船地球号』の『船長』は、いったい誰なんでしょうか? まさか、『全員が船長だ』なんて言いませんよね? そんな事を言った日には、まさしく、『船頭多くして船山に上る』ですよ。

ものすごーく穿った見方ですが、この星を『船』にたとえた時点で、その人間は、『船内』での序列=差別を容認し、かつ、これはもはや暴論ですが、船長=強権的な独裁者の出現を待ち望んでいるかのように思えます。

僕はこの言葉も、いい加減偽善的で嫌いなのですが、『人類皆平等』というスローガンとは、まるで真逆です。

もっとも、僕に言わせれば、『社会』という『共同体』が世界中で構成されている以上、そこには厳然たる、そして、どう足掻いても払拭できない『区別』と『差別』が存在します。これも極論ですが、もし、全てを平等にしたければ、世界は、資本主義を捨てて、徹底した共産主義を信奉するべきです。まあ、『完璧な共産主義』という思想自体、単なる幻想というのが、僕の考えですが。お隣の、中国を見てればよく分かります。

話が膨らみすぎましたが、どうやら僕は、どこまで行っても、『意識高い系のエコな人々』とは、相容れないようです。

んじゃ、もういい時間なので、おやすみなさい。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


自己紹介

P.N.:不二川巴人(ふじかわ・ともひと)

1974年5月8日生まれの46歳。兵庫県伊丹市生まれ・現在住。40歳の頃まで、アダルトゲームのシナリオライターをやっておりましたが、少し前に、精神障害者2級の障害者手帳を交付されたのを機に、スッパリと廃業。今は、好きな物を好きな時に書く、気ままな、寄生虫のような生活を送っております。

ホームページ本館はこちら。

バナー

カレンダー

2020年6月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930 

恵んでほしい物リスト

QRコード

最近のコメント

    WEB拍手一覧

    平常運転と言えばそうだけど、やっぱなんか納得行かない。(日記)が拍手されました!
    (2020年4月9日 19:49:277:49 午後)
    確定申告終了の巻。あと、PC関連の話をもう少し。(日記)が拍手されました!
    (2020年2月17日 20:33:598:33 午後)
    幸せは370円で買える。あと、機能追加の件。が拍手されました!
    (2019年6月2日 00:55:0412:55 午前)

    アクセス統計

    • 46現在の記事:
    • 52897総閲覧数:
    • 35今日の閲覧数:
    • 154昨日の閲覧数:
    • 1052先週の閲覧数:
    • 911月別閲覧数:
    • 34237総訪問者数:
    • 31今日の訪問者数:
    • 101昨日の訪問者数:
    • 754先週の訪問者数:
    • 640月別訪問者数:
    • 103一日あたりの訪問者数:
    • 0現在オンライン中の人数:
    • 2019年5月5日 00:00:002019-05-05:

    既刊同人誌(日記)

    フジカワさん日記 2018年3月フジカワさん日記 2018年4月

    フジカワさん日記 2018年1月フジカワさん日記 2018年2月

    フジカワさん日記 2017年11月フジカワさん日記 2017年12月

    フジカワさん日記 2017年9月フジカワさん日記 2017年10月

    既刊同人誌(詩集)

    小馬鹿にされて、春。

    夏のショウタイム秋のあくび

    方向音痴

    時代遅れ生きている街

    ある矛盾等しく、春は。

    前略、底なし沼よりいちぬけた

    砦の前で行き先のない道標

    既刊同人誌(小説)

    半径二メートルの青春

    春の雪シャカリキめいでい!

    花見酒初級立ちション講座

     

    にほんブログ村ランキング

    RSS 『自称』詩人のチラシの裏。

    Translate »