元・エロゲシナリオ屋のブログもどきですよ?

たまにゃあ休憩も必要だよね、という。(懸賞小説の話)(日記)

要するに『短気は損気』というのが、この世の真理だと思うんですが、どうか(挨拶)。

と、いうわけで、フジカワです。ほぼ確実に精神面から来てるのは間違いないんですが、無駄に気分がブルー極まりない日曜日、皆様いかがお過ごしでしょうか。

さて。タイトルの話なんですが、例の懸賞小説。昨日、再度大胆に手を加え、僕自身でも「へえ」と思う程度にまでは持って行けたんですが、区切りがつくと、無性にイライラし始めまして。知り合いの作家せンせいに即座に送ろうとしたんですが、「落ち着け(要約)」と言われました。「えー?」と、その時はかなり不満だったのは事実ですが、一晩寝ると気が変わりました。

功を焦ると、たいていろくな事にならないのは、万事に共通です。まして僕の場合、「応募するからには、できるだけ入賞に近づきたい」という状況。ならば、「心得のある他人から見ても大丈夫だろう」と判断されるぐらいにまでは最低限ブラッシュアップせにゃならんのは、あまりに明白。

まさか僕も、書いた作品に対して愛着がなくなった、なんてこたあないのですが、イラついてたせいで、判断力が鈍っていたようです。反省。サル。そのせンせいにも言われたのですが、どれだけ仲のいい間柄であろうと、四六時中顔を合わせてりゃあ、うっとうしくなってくるのが、まあ恐らく普通でしょう。

それと同じように、執筆にかかりっきりになるのはいいとしても、たまには『寝かせる』期間が、終盤であればあるほど必要なんだってことです。締め切りまでカウントダウンが始まってる状況なら、また違ってくるでしょうけど、そうじゃないですし。

そういうわけですから、今日も多分原稿の微調整はするでしょうけど、せンせいに提出するのは、もう少し後日にします。ここのところ、過剰に集中して、疲労感も感じてることですし、だらりと一服つくのが、多分今日のベターなんじゃなかろうかと。

んじゃ、いったんこの辺で。

応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ アラフィフオヤジへ
にほんブログ村

エッセイ・随筆ランキング

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


自己紹介

P.N.:不二川巴人(ふじかわ・ともひと)

1974年5月8日生まれの46歳。兵庫県伊丹市生まれ・現在住。40歳の頃まで、アダルトゲームのシナリオライターをやっておりましたが、少し前に、精神障害者2級の障害者手帳を交付されたのを機に、スッパリと廃業。今は、好きな物を好きな時に書く、気ままな、寄生虫のような生活を送っております。

カレンダー

2020年8月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31 

恵んでほしい物リスト

QRコード

最近のコメント

    WEB拍手一覧

    平常運転と言えばそうだけど、やっぱなんか納得行かない。(日記)が拍手されました!
    (2020年4月9日 19:49:277:49 午後)
    確定申告終了の巻。あと、PC関連の話をもう少し。(日記)が拍手されました!
    (2020年2月17日 20:33:598:33 午後)
    幸せは370円で買える。あと、機能追加の件。が拍手されました!
    (2019年6月2日 00:55:0412:55 午前)

    アクセス統計

    • 14現在の記事:
    • 65236総閲覧数:
    • 35今日の閲覧数:
    • 194昨日の閲覧数:
    • 1100先週の閲覧数:
    • 1353月別閲覧数:
    • 40375総訪問者数:
    • 24今日の訪問者数:
    • 109昨日の訪問者数:
    • 662先週の訪問者数:
    • 827月別訪問者数:
    • 91一日あたりの訪問者数:
    • 1現在オンライン中の人数:
    • 2019年5月5日 00:00:002019-05-05:

    既刊同人誌(日記)

    フジカワさん日記 2018年3月フジカワさん日記 2018年4月

    フジカワさん日記 2018年1月フジカワさん日記 2018年2月

    フジカワさん日記 2017年11月フジカワさん日記 2017年12月

    フジカワさん日記 2017年9月フジカワさん日記 2017年10月

    既刊同人誌(詩集)

    小馬鹿にされて、春。

    夏のショウタイム秋のあくび

    方向音痴

    時代遅れ生きている街

    ある矛盾等しく、春は。

    前略、底なし沼よりいちぬけた

    砦の前で行き先のない道標

    既刊同人誌(小説)

    半径二メートルの青春

    春の雪シャカリキめいでい!

    花見酒初級立ちション講座

     

    にほんブログ村ランキング

    RSS 『自称』詩人のチラシの裏。