正当な対価を貰ったので、朝から気分がいい。

日記
この記事は約3分で読めます。

どうも。フジカワです。今朝も実は、ものっそい寝覚めが悪かったんですが、薬を飲みにリビングへ行くと、親が、ここ数日の労働(網戸張り替え)の対価として、なんと、5,000円をくれたので、一気に気分がマシになりました。これで、前に書いた、折りたたみキーボードも買えたのですが、ちょっと待った。キーボードの優先順位は、ずーっと下なので、とりあえず、『できるだけ早くあった方がいい物』を買うことに。

具体的には何かというと、僕は、夏場の、近場への外出用の半ズボンを2つほど持っているのですが、そのうちの1つが、どうにもウエストが緩く、気を抜くとずり落ちてくるので、ベルトが必要だと思いました。んで、Amazonを探すと、ないわけがない。お手頃な値段で、ナイロン製のよさげなベルトがありました。これ。

『サバゲーにも使える!』のが売りらしいですが、僕はやらないというか、サバゲーが嫌いなので、関係ないとして、丈夫らしいのはいいことです。即座にゆうちょのATMへ行き、入金してから、ポチり。で、その後、改めてメールチェックすると、ヤフオクに流していた品物が、1つ落札されていたので、慌てて発送準備をして、再度郵便局へ。たかだか320円の売上ですが、お金には違いありません。

とにもかくにも、母親の慈悲のおかげで、若干なりとも、懐に余裕が出来ました。僕も、それなりに大変な思いをして、網戸の張り替え作業をやった甲斐があろうというものです。

労働と言えば、僕には絶対真似できないのが、『ボランティア』という行為。あれが出来る人々は、相当心の広い人、あるいは徳が高い人です。だって、大抵が、ものすごい重労働を、無償でやるんですよ? まあ単に、僕が人一倍欲深いから、というのもあるでしょうが、ボランティアに参加しよう、という方々には、『ご立派です』としか言いようがありません。

年金の支給日まで、あと3日。明日は精神科の通院日で、これは親の予定が変更になったせいですが、明日が、最後の、コープへの買い物代理の日です。なぜ、コープの閉店を待たずにやめることにしたのか、親に聞いてみたら、「余計な物をうっかり買うから」だそうで、確かに、コープでは、おやつ類をたくさん買います。糖尿病患者的には、決して褒められたものではないでしょう。その決断は正しいと思いました。

後は、支給日になったら、午前中は通販の手続きに充てて、午後から、眼科とメガネ屋へ行って、そのついでに、散髪にも行って来ようかと。いつも行ってる散髪屋と同じ支店が、阪急伊丹にもあるのですが、値上げしていなければ、阪急塚口の支店より100円安いので、ちょっと助かります。

と、思って、今さっき調べてみたら、なんと! 僕が以前行った時より、値段がさらに上がって、塚口の店の方が安いという逆転現象が! と、いうことは、明日、医者へ行ったついでに、塚口の店に寄った方が賢いということです。危なかった……。

特にオチはありませんが、昼間はこの辺で。

んじゃまた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました