やっぱりソフトバンクショップはいい加減だなあ。あと、いわゆる『私小説』について。(日記)

日記
この記事は約3分で読めます。

名古屋勤務時代の恩師(元上司)に、「フジカワ君は、てっきり私小説方面に行くのかと思ってたよ」と言われ、「はあ、でも、私小説の定義って?」と僕が聞くと、「私小説ってのは、自分がどれだけ恥ずかしい思いをしてきたかを書くんだよ」と答えられ、そのあんまりなくくり方に、「アッハイ」としか言えませんでした(挨拶)。

と、いうわけで、フジカワです。ハテ、週5日勤務って、こんなにしんどかったっけ? と、要はまだ年始ボケが抜けてないんじゃ? という説が最有力な土曜日、皆様いかがお過ごしでしょうか。月曜日は有休を取ってますので、目標日である2月末まで、残り28営業日です。「おっき」ものですよね。(そうか?)

さて。昨日書かせて頂いた、OPPOのReno5 Aで、接種証明アプリのマイナンバーカードの読み取りができない件。今日の帰宅後、最寄りのソフトバンクショップに来店予約を入れました。明日の昼、ちょっと行って来ます。

んが! 折り返しの(予約確認の)電話をくれたショップの人が、「手数料が、1,100円かかりますが」とのたまうではありませんか。待て。待て待て待て。あんさん、昨日「無料です」って言ったよな? その手のひら返しは何?

釈然としないこと甚だしいのですが、くだんのワクチンパスポートも、いつ何時必要になるか分かりません。お上(デジタル庁)が、アプリをアップデートするのなんて、いつの話か、さらに分かりません。一応明日、店頭でもう一度説明して、交渉はしてみますけど、手数料がかかるなら、仕方ねえかなあ? とも思います。安心感の値段が1,100円か? と思うと、ぼったくられてる気もするんですけど。

まあ、それはそれで置いといて、次の話題。枕で、私小説について触れさせて頂きました。わたくしごとを書き連ねて作品になるなら、それはそれで、面白いんじゃね? と思いました。

でも、そういう『わたくしごと小説』を受け付けてる懸賞ってあるの? と思うじゃないですか。ざっくり調べると、『文藝春秋』の『文學界新人賞』以外にない、とのこと。少なくとも、太宰治賞ではないようです。

で。『文學界新人賞』のサイトを見ると、うっひゃあ、一番とは言いませんけど、ものっそい苦手なオーラが(ウェブサイトから)ビシバシと。

ただ、ある側面においては、ラノベの懸賞募集ページよりは「なんかマシ」な感じもしますけど。(偏見:審査員が「エモい作品をお待ちしてます!」なんて流行語を使ってるようなラノベの懸賞は、僕にとって値打ちがない)

しかしながら、挑発されるとホイホイ乗ってしまうのが、僕という奴です。70~150枚で、〆切は9月30日。相当余裕がありますね。まさか「からかってやろう」なんてぇ動機じゃない(そんなことに、労力なんか、そもそも割けない)ですけど、「徹底したわたくしごと」で、一本書いてみようかな? と。

実は今の時点で既に、序盤として、原稿用紙で6枚ほど書いちまったんですけどね? いや、勢いって怖い。

まあまあ、焦る話でもないので、公私共々、まずは優先順位を明確にして、一つずつこなしていく他なく。9月と言えば、夏の終わりですよ。どんだけ猶予がありますか? って話ですし。

とか、色々悪だくみ(?)をしているうちに、夜が更けていくわけです。休む! 2日間! んじゃまた!

応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ アラフィフオヤジへ
にほんブログ村

エッセイ・随筆ランキング

コメント

error:警告:コンテンツの選択はできません!
タイトルとURLをコピーしました