元・エロゲシナリオ屋のブログもどきですよ?

よろず屋 VS コンビニ。

ありそうでないものシリーズ! 領収書(レシート)が出てくる、ドリンクの自販機!(挨拶)

どうも。しつこくも、フジカワです。暑さのせいで、あらゆるやる気がもげてます。クーラーの設置業者が来るのが、次の月曜日。それまで耐えるのは、結構大変かも知れません。全ては天気次第です。

さて。もう一つネタを思い出したので、忘れないうちに書いておきます。

今朝、医者に行く前に、親に頼まれて、コンビニまで、税金の支払いに行ってきました。それ自体は全然おかしな事ではないのですが、ふと、脳裏をよぎる光景がありました。

僕の家からは、あまり近いとは言えないのですが、一応徒歩圏内に、それこそ僕が物心ついた頃から営業している、『コンビニのようなよろず屋』が、一軒あります。その周辺には、大手チェーンのコンビニがないせいか、かろうじてまだ存続はしてますが、僕は、何かの用事(主に親のお使い)で、その店の前を通る度に、心配になります。

今や、コンビニのない生活は、考えられないぐらいになりました。文字通り『便利屋』だからです。僕を含めた人々が、コンビニを使う理由も、様々です。今朝の僕のように、各種料金の支払い、あるいは、ATMの利用、またあるいは、ちょっとトイレだけ借りる、エトセトラ。必ずしも、『何かを買う』ためだけではありません。

しかし、その『コンビニのようなよろず屋』は、色んな商品を売ってはいるようですが、大手コンビニが提供しているような、付帯サービスは、一切利用できません。言い方は悪くなりますが、『物を売ってるだけ』です。

今のご時世、それでやっていけてるのか? それが、僕が不思議に思う点です。僕は、大手コンビニチェーンが、様々な問題をはらんでいることも、一応知ってます。人手不足の今、24時間営業を巡って、セブンイレブンが一悶着あったのは、皆様の記憶にも新しいかと。

これはもう、相当昔の話になりますが、僕が子どもの頃から通っていた、別のよろず屋が、すぐ近所にコンビニが出来たせいで、しばらくは対抗していたものの、結局は競争に負けて、潰れてしまいました。なお、その『勝った』コンビニ(ちなみにサンクス)も、同一圏内に、さらに別のコンビニ(ローソンとファミマ)が、立て続けに出来たせいで、競争に負け、数年前に潰れました。

話を戻して、その、まだやってるよろず屋。大手コンビニチェーンの軍門に下らないのが、ちょっと不思議です。店主に意地でもあるのかどうか、詳しい理由は分かりませんが、そのよろず屋の割と近所に、はるかに規模のでかい、それこそ、店内調理の惣菜類と、生の肉や魚以外なら、ほぼ何でも、かなりの安値で売っている、ディスカウントドラッグストアがあります。

あからさまな商売敵が近くにいるんだから、なおのこと、大手のフランチャイズになった方が、有利だとは思うのですが、もしかしたら、それでは割に合わないのかも知れません。

なぜか? 確かに、そのよろず屋近辺には、大手コンビニチェーンがありません。多分ですが、その周辺が、(短いですが)いわゆる『シャッター通り』だからでしょう。

ただ、近くには、県営住宅の団地も、別のマンションもありますから、住民が少ない、というわけではないのですが、競合相手のドラッグストアは、その団地のすぐ横にあります。定価売りが基本のコンビニでは、いかに付帯サービスが豊富でも、分が悪いのだろうと思います。

全ては僕の憶測です。そして、誤解のないように言っておくと、僕は、そのよろず屋に、潰れて欲しいと思っているわけでもありません。

しかしながら、この世は、全てが競争です。ひょっとしたら、僕がただ知らないだけで、そのよろず屋は、『独自の強み』を持っているの『かも』知れません。真相は謎ですが。

僕は単に、近年、長年馴染みだった店が、突然閉店したり、大手チェーンの傘下に入ったりするさまを、散々見てきたので、『一個人』が、意外とと言っては失礼ですが、粘っているのがすごいなあ、と思うだけです。

何はともあれ、そのよろず屋には、意地を貫いてほしいものです。

んじゃまた。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


自己紹介

P.N.:不二川巴人(ふじかわ・ともひと)

1974年5月8日生まれの46歳。兵庫県伊丹市生まれ・現在住。40歳の頃まで、アダルトゲームのシナリオライターをやっておりましたが、少し前に、精神障害者2級の障害者手帳を交付されたのを機に、スッパリと廃業。今は、好きな物を好きな時に書く、気ままな、寄生虫のような生活を送っております。

ホームページ本館はこちら。

バナー

カレンダー

2020年7月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031 

恵んでほしい物リスト

QRコード

最近のコメント

    WEB拍手一覧

    平常運転と言えばそうだけど、やっぱなんか納得行かない。(日記)が拍手されました!
    (2020年4月9日 19:49:277:49 午後)
    確定申告終了の巻。あと、PC関連の話をもう少し。(日記)が拍手されました!
    (2020年2月17日 20:33:598:33 午後)
    幸せは370円で買える。あと、機能追加の件。が拍手されました!
    (2019年6月2日 00:55:0412:55 午前)

    アクセス統計

    • 28現在の記事:
    • 59524総閲覧数:
    • 43今日の閲覧数:
    • 160昨日の閲覧数:
    • 1375先週の閲覧数:
    • 1759月別閲覧数:
    • 37418総訪問者数:
    • 27今日の訪問者数:
    • 85昨日の訪問者数:
    • 636先週の訪問者数:
    • 856月別訪問者数:
    • 87一日あたりの訪問者数:
    • 1現在オンライン中の人数:
    • 2019年5月5日 00:00:002019-05-05:

    既刊同人誌(日記)

    フジカワさん日記 2018年3月フジカワさん日記 2018年4月

    フジカワさん日記 2018年1月フジカワさん日記 2018年2月

    フジカワさん日記 2017年11月フジカワさん日記 2017年12月

    フジカワさん日記 2017年9月フジカワさん日記 2017年10月

    既刊同人誌(詩集)

    小馬鹿にされて、春。

    夏のショウタイム秋のあくび

    方向音痴

    時代遅れ生きている街

    ある矛盾等しく、春は。

    前略、底なし沼よりいちぬけた

    砦の前で行き先のない道標

    既刊同人誌(小説)

    半径二メートルの青春

    春の雪シャカリキめいでい!

    花見酒初級立ちション講座

     

    にほんブログ村ランキング

    RSS 『自称』詩人のチラシの裏。

    Translate »