便通とその日のテンションに関する明確な因果関係。とか。(日記)

日記
この記事は約2分で読めます。

昨夜は妙に気分がモヤモヤしていたので、3回ほどセルフにバニッたら、さすがに疲れ果てたせいなのか今朝の起床時間が遅かったです(挨拶)。

と、いうわけで、フジカワです。金曜日から姉が一時帰宅してるんですけど、昨日の夜に「フグを食いに行くぞ」と言われたので、まあウキウキとついていってゴッチャンシだった日曜日、皆様いかがお過ごしでしょうか。

さて。タイトルの話。まあちょいと汚い話ではあるんですけど、昨日は1日実に便通が悪かったんですよ。全く出なかったわけじゃないんですけど。

んでなんか、昨日を振り返ると、今ひとつパッとしなかった。文字通り「なんかが溜まってる」状態で、気分が大変ローでした。フグの味は分かりましたけど。

んが。今朝になって、いつも通りの便意を催し怒ッ刃ァー!(ドッバァー!)と出すと、まあ気分が晴れやかなこと。もうね、全てのわだかまりが便と一緒に出ていったよーな。

スッキリしたのはいいんですけど、しみじみ思いましたね。世の便秘に悩む(主に)女性の皆様方のご苦労が、大変分かるなあ、と。

ほんの1日満足に出なかっただけで、これだけ気分が悪かったんです。数日間も続けば、そりゃあイライラするでしょうよ。生産性も下がるでしょうよ。なぜ巷にあまたの(医薬品であれ、そうでないものであれ)「便秘解消」を謳う薬やハーブティーetc.があるのか? って話で。

逆に下痢のしっぱなしというのも、大変辛いですけどね。僕は東京在住末期、下痢型の過敏性腸症候群(IBS)にかかったことがあり、その苦労たるや凄まじかったですし。

なお、IBSに普通の下痢止めは効きません。一切。男性に限ってですが「イリボー」という専用の治療薬があり、かつての僕も、それを処方してもらったところピタッと治まりました。

近年は大腸ポリープのせいで下痢と便秘を繰り返していたのですが、それも摘出したことでスッキリですよ。なんせ、1つあっても問題なのに、3つも(ポリープが)あったんですから。

残る身体的問題は、ここ最近、頭痛をたまに感じるので、それは備蓄のロキソニンでなんとか。

「健康のためなら死んでもいい」なんてジョークもございますが、少なくとも腸内環境は整えておいて損はないな、ってところでしょうか。

さあ、今日の予定は特にないのですが、別に珍しいことでもないので、そこそこに。

んじゃまた。

応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ アラフィフオヤジへ
にほんブログ村

エッセイ・随筆ランキング

コメント

error: 警告: コンテンツの選択はできません!
タイトルとURLをコピーしました